6 山歩き

2015年11月19日 (木)

お泊り登山のはずが。。。 1日目

11月7日(土)
久しぶりにお友達のP嬢とよっぴーちゃんと私の3人で
お泊り&登山の予定です。
毎度ながら雨女のゆきママさん
またまたお天気に恵まれず・・・

1日目の予定はこうです!
①城崎の来日山に車で登山して雲海を見る
②蘇武岳登山
③ペンションにお泊り
     ↓
どうもお天気が微妙だけど、何とか雨は降ってない
予定通り、早朝の5時 来日山の麓のコンビニに集合
            ↓
城崎の朝・・・アスファルトぬれてるし~
雨、降ってたんだ~
      ↓
せっかく来たし、行ってみるか~!!

A_2 B_2 C_2
霧の出ているクネクネ狭路を来日山山頂に向けて
上って行きます。
途中、狐さんが横切る。 車のすぐ横に大きな鹿が・・・
立派な角に圧倒されてしまいました。逃げないのね・・・
標高566mのお山だけど、野生動物がたくさんいそうです。
もしかしたら熊もいるのかな~

山頂到着~
やっぱり・・・まっしろ~
こんな状態なのに山頂に訪れる車は何台もいました。
ここのお山の三角点は一等なんですね♪びっくり
予定では見事な雲海が見れて、
その雲海が日本海側に流れ、丸山川が日本海に注ぐ
この風景が見たかった   残念!
でも下山の時、ちょっとだけ雲海らしきものは見れました。

D_2 F_2 E_2
このあと、蘇武岳登山の予定で
神鍋まで移動してみたけど、お山は霧だらけ・・・
初めてのお山だし、迷うといけないのでキャンセル

と、いうことで
植村直己冒険館
に行ってきました。
1970年5月 日本人初のエベレスト登頂
エベレストの標高は8850m  
1984年 マッキンリー冬季単独登頂
マッキンリーの標高は6190m  この時の下山時行方不明

その他に
いかだでアマゾン川下り
犬ぞりでグリーンランド単独縦断 等
沢山の偉業を成し遂げてます。

偉業の数々に驚くとともに、遭難の事実にはとても切ない
気持ちになりました。

G H I

以前一緒にお仕事をさせて頂いた方が
植村直己さんとともにエベレスト登頂をされたそうで
寄せ書きの名前を確認していたら・・・
ありました!  
集合写真でお姿を探しましたが、なんせ45年も前・・・
まったくわからず(苦笑)

植村直己さんの笑顔がとっても素敵だったので
写真に収めました

K L M

館内から外に出ると、キッズ向けの
クライミングコーナー発見
ゆきママ P嬢 早速チャレンジ(^^♪
館内には25kgのザック背負い体験コーナー
ヨッピーちゃん チャレンジの様子
実際背負ってみたら25kgとは思えない  重たいです!
足が地面にめり込みそう

O N P
植村直己冒険館を後にし、神鍋高原へ
紅葉がきれいです
お昼ごろにはすっかりお天気も回復していたけど
蘇武岳を目指すには時間が遅すぎる
道の駅でバイキングランチ
お腹がいっぱいになりすぎて苦しい~
バイキングはどうも食べ過ぎちゃいます

夕方にはペンションで夕食を頂かなくてはいけないので
ちょっとばかり運動を・・
と、いうことで、道の駅のそばにある神鍋山へ
神鍋山は近畿でもっとも新しい火山で、はっきりとした噴火口が残る珍しい山です。 標高は469m


噴火口は周囲750m、深さ約40mの大きさです。
S T U

噴火口にはススキがたくさん
噴火口の周囲をぐるっと回って下山してペンションへ

V W X

ペンションに着いた頃から、また雨がパラパラ
本日お泊りするお部屋はこんな感じ
ちょっと窮屈 でも、壁紙はピーターラビット
可愛らしい感じです
テレビや冷蔵庫もありません
のんびり のんびりです

夕食までちょっと時間があったので、道の駅の隣の
温泉「ゆとろぎ」に行ってきました。

温泉から帰って、まずは3人でかんぱ~いwine

Y Z Zz

前菜     ぶりのお造り   のどくろとエビ
Zzz Photo
但馬牛ステーキ   手打ちそば
デザートにアイスクリームもあったけど、写真撮り忘れた

のどくろもステーキもすごくおいしかったデス
手打ちのお蕎麦は、ペンションのご主人が丹精込めて
打ったお蕎麦です(十割)絶品でしたよ~

食後はペンションのご主人やその息子さん 
息子さんの子供ちゃんと楽しくお話をして
酔いも回って(笑)

ぐっすり ぐっすり 眠りましたとさsleepy  1日目終了

| | コメント (0)

2015年9月 9日 (水)

吉田山散策 

9月7日(月曜)  今回も平日お休み~
このごろ雨ばっかりですね  
この日もお天気はどんより・・・cloudcloudcloud

かなり前からチェックしていたカフェ
「茂庵」
京都市左京区にある吉田山の山頂にあります。
吉田山の標高は105m  超低山・・・山というより丘??
でも、三等三角点なんだよね~   ちゃんとしたお山です。
1_2 2
吉田山の麓に一応、看板は出てますが、うっかり見落としてしまいそうです。
残念ながら「月曜定休」  事前に把握してたけど、吉田山も散策してみたかったので傘持参で行ってきました。

茂庵の看板から吉田山へ向かって階段を上って行きます。
3 Photo
階段を上っていくと、ど真ん中に ねこちゃん
そ~っと近づいて行って・・・逃げない・・・
もしかして触れるかも?と、思ったけど、あとちょっと のところで
そそくさと、どっかに行っちゃいました。
4 5
こんな住宅の中を通り抜け・・まだまだ階段は続きます。
とっても静かで緑に囲まれ、森林浴をしながらお散歩気分です。
6 7
侘び寂的な雰囲気満載ですね~  
森の中にところどころに茶室があります。
8 9
この先に茂庵があるんだけど~  定休日なので先に進めませんでした。カフェの外観だけでも見れるかな~と思ってたけど・・
残念・・・定休日意外に出直しですね
別ルートを進み吉田山山頂へ  吉田山ピーク到着です。
山頂は休憩広場になっていて、大文字が望めます。
来年の大文字はここから鑑賞もありかな?
10 11
斎場所大元宮             吉田神社
A B
それぞれの説明
12 13
吉田神社から細い階段を上って行き、沢山鳥居の並んだところへ
14 15
竹中稲荷社  ここまで散策して、真如堂へ到着
モミジが沢山! 紅葉  期待できますね~note
17 16
秋なのに・・一部咲いている桜
18 20
秋だから・・紫式部
真如堂には「十一面観音菩薩」 別名:頷きの阿弥陀様が
いらっしゃる。残念ながらお姿は1年に1度しかお目にかかれないらしい。今年の特別拝観は11月15日

真如堂を後にし青蓮院のクスノキで癒されてから帰路につきました。たくさん歩きました~

寺社仏閣巡り  なかなかよろしいですね~          

|

2015年8月30日 (日)

太郎坊山&箕作山ハイク

8月27日(平日)
このごろ、仕事のユニホームが窮屈なのよね~
山歩き 1年間もさぼってたし・・・当然の報いか・・・
馬鹿みたいに暑い日もちょっとマシになってきたみたいだし、
そろそろ山歩き再開しますか・・・と、いう事で行ってきました。

久しぶりのハイク  無理のないように・・・低山からスタートです。

まだ私がバリオスに乗っていたころ、滋賀県でちょっと迷子になり
偶然見つけた綺麗なお山
山の中腹に宿泊施設?みたいなのが・・・・

6

バリオスの後ろにそびえているお山です
この時のブログはこちら→http://bikedesanpo.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-b16e.html

偶然、登山の本で見つけました。これは・・・行かねば!!

太郎坊山  お山の名前は正式には「赤神山」と言います。
太郎坊宮  神社の正式名は阿賀神社と言います。
今回はハイクもしたいので道に迷ってる暇はないので
ジムニー君でお出かけです。ナビを頼りに・・・到着~motorsports
Photo_2Photo_3
お山の中腹にある宿泊施設みたいなのが、太郎坊宮の社務所
本殿はそれよりさらに上方  
ここへ行くためには、742段の階段
社務所のところまで車で行けるようです。(山上駐車場あり)
駐車場を利用すると491段ショートカット出来る。
ゆきママはもちろん、742段を選択
Photo_4Photo_5
階段は鳥居の連なっているところがあったり、全体的に木陰だったので涼しかった。しかも階段の段差は小さく、筋肉疲労は少な目
ひとまず社務所のあるところまで到達
491段クリア~   社務所・・・・ご立派!
Photo_6Photo_7
ハイキングコースは参道の脇から始まっています。
入り口にはこんな立札が・・・ごもっともです。
参道は表参道、裏参道がありますが、表参道から順に参拝
途中「夫婦岩」の間を通り抜けます。
心悪しきものがこの岩の間を通ると、岩が閉まってきて挟まれるそうな・・・・  無事通過~  ゆきママは善人だ~
Photo_8Photo_9
本殿 到着~  ハイキングコースの入り口のところのお社には
「参拝の仕方」が記されていて、それに従いしっかりと参拝!
ニ拝・二拍手・一拝  ハイキングの無事をお祈りしました。
本殿から見た東近江の風景
ここに祭られている方は・・正哉吾勝勝連日天忍穂耳尊・・・
うぅ~  難しすぎる
1400年前に創始され勝運・厄除け・開運・商売繁盛にご利益があるそうです。
1114
ここで手に入るお守り・・・強そうですね~
そもそも太郎坊とは、日本全国には四十八の天狗様がいて、
この中でもトップの天狗様が京都の愛宕山大天狗らしい
他には富士山とか、鞍馬寺とか、全国各地にいらっしゃる
ここも、その一つ
お清めのお手水も天狗様のお口から・・・
1516
参拝も終了し、ここからハイキングスタートです。
まずは赤神山(標高350m) コースは木立の中を縫うようにあり
日陰が続きます。うっそうとした感じだけど、風通しはよく快適
標高も高くないので電車の音が聞こえたりして、孤独感はなかったです。
赤神山山頂に到着~  低山ながら360度の眺望
この日はお天気も良く、清々しい眺め
木陰を探してランチ
1718
毎度ながら適当なお弁当  今日のハイクは平日でもあり
ハイク中に出会う人もなく、赤神山を独り占め
山頂には蝶々が楽しそうに遊んでました。
約30分休憩をして、さらに北へ進みます。
目指すのは「箕作山」標高372m  尾根伝いに歩きます。
1921
コース途中にある手作りの休憩小屋
道しるべもたくさんあり、良く整備されたハイキングコースです。
迷う心配はないですね~  安心安心
箕作山到着~
2223
箕作山から見た眺望  伊吹山や琵琶湖が見えます
赤神山から箕作山へ向かう道中に右にそれると、瓦屋禅寺というところへ行けます。聖徳太子が四天王寺の10万もの瓦を焼き、管理したとされる古刹
立ち寄ろうかな~とも思ったけど、今回はパス
Photo_10Photo_11
本日は赤神山 箕作山のピークハントだけして、
ちょっと気になっていた近江商人屋敷を少し散策して帰路につきました。なかなか充実した平日お休みでした。

|

2014年7月30日 (水)

2014 伊吹山 夜間登山

7月25日 伊吹山への夜間登山にアタックしてきました。
伊吹山への夜間登山を計画してから4年目の実現
毎年毎年 雨にたたられたり、計画倒れになったり・・・ようやく・・・
25日21時 自宅出発
   21時30分  P嬢を四条大宮でピックアップ
   21時45分  よっぴーさんをピックアップ
26日 0時  伊吹山 登山口のある三宮神社に到着
ここで、サラちゃんとサラちゃんお連れのおじ様2名と合流
0時30分 登山スタートです
Photo_21 Photo_22 Photo_23
真っ暗ななか、ヘッドランプの明かりを頼りに夜な夜なハイキング
夜中とはいえ、蒸し暑いsweat02 歩き始めてすぐに汗だくsweat01
1_2 1p_2 Photo_24
1合目到着~  ここまででもかなりしんどかった~
汗を拭きつつ一休み  この日、夜間登山をしている人たちは結構いました。休憩している間、ぞくぞくと上ってこられます。
3 3_2 3_3
1合目から3合目まではほとんどゲレンデ歩き・・・結構しんどいのよbearing  ゆきママ 夜勤明けでのアタックのせいか、3合目でかなりのお疲れ・・・頭はぼんやり・・・なんだか手まで震えてる
少し長めに休憩を取り持参してきたチーズで栄養補給good
しばらくすると、気分も回復  山頂を目指して頑張ります
3合目とはいえ、ここから眺める夜景はきれいでした。
5 5_2 5_3
5合目  半分上りました。眼下には滋賀県の夜景
3合目からの夜景より広い範囲のが夜景が見えますね~
見上げれば満天の星空  けっこうロマンチックなはずなんですが・・・・・night
ゼェ~ゼェ~sweat01  ハァ~ ハァ~sweat01  きっつぅ~
7 Photo_25 7_3
7合目でもう疲れはピークに・・・おいていかないで~
微妙に足がつるんですが・・・(泣)
心優しきお連れの皆様 待っていてくれるんです。ありがと~
Photo_26 Photo_27
8合目を過ぎ、なんだか星のまたたきが薄くなったような・・・
そう!夜明けは近い!  こんなに苦労して上ってきたんだから・・山頂に着く前に夜が明けてしまっては本末転倒というもの・・・
がんばれsign03
山頂目前で遠くのお空がオレンジ色に・・・急げsign03
0 1_3
日の出前に山頂到着  少しずつ白み始める空を眺めつつ日の出を待ちます。山頂は風も強いうえにかなり湿度も高い・・・
風邪をひきそうです。用意してきたダウンを着込みます。
Photo_28 2_3 Photo_29
日の出を待ちながら食べようと、持ってきた「ふなっしーラーメン」
雲海や空の移り変わりに心奪われ・・・食欲減退(苦笑)

そして、、、、待望のご来光~ 時間の経過とともにお写真note
Photo_30 Photo_31 Photo_32
Photo_34 Photo_36 Photo_37
あ~  なんて贅沢なのでしょうlovely  きれいです
朝日に向かってお願い事を・・・・note
Photo_38 Photo_39
朝日に照らされた山頂の看板  そして、忘れずにピークハントscissors
気が付けば、ご来光を眺めていた夜間登山組の方たちの姿はほとんどいなくなってました。皆さん撤収が早いのね~

そろそろ下山
Photo_40Photo_41Photo_42Photo_43Photo_44
Photo_45Photo_46Photo_4712Photo_48
さすがお花畑の伊吹山といわれるだけあって、一面のお花畑状態です。登山中は真っ暗で周りの景色が分からなかったけど、夜が明けてお花畑の中を下山するのは楽しいですheart
Photo_50Photo_51Photo_52
Photo_53Photo_54Photo_55
下山を開始して9時を過ぎたくらいから、灼熱地獄sun
早めの撤収の理由が分かりますsweat02
そう、この日はここ最近では最高の猛暑日だったようです。
京都市内では38度をマーク  1合目まで下山してきたのは9時半ごろ。異様な暑さでした。でも、この時間帯から登山開始の方たちも盛りだくさんで・・・・「お~い!大丈夫か~?」 
伊吹山は高い木がほとんどなく・・・すなわち日陰なしの登山
やっぱ、夜間登山が正解です。

4年越しの伊吹山ミッドナイトハイキング 無事、完結いたしました。お付き合いいただいた皆様 本当にありがとうございました。

そして・・・超長いブログ 読んでくださった皆様 お疲れ様でした

|

2014年6月 9日 (月)

夜叉ケ池2014

6月9日(月曜)  平日休みのゆきママさん、今日も良いお天気sun
梅雨ど真ん中なのにね~  家でじっとしてるのはもったいないデス
今年の夜叉ケ池の山開きは6月1日でした。事前情報では残雪もあるらしい・・  ニッコウキスゲもボチボチ・・・?

と、いう事で行ってきました~(笑) 御一人様ですが・・・
夜叉が池にたどり着くまでは、登山口からはそう遠くはないんですが・・
登山口に着くまでがかなり・・遠いんです  自宅から車で約3時間弱
Photo Photo_2
自宅出発は7時40分  登山開始は11時
上る途中にたくさんの方たちとすれ違いました。皆さん下山中
ゆきママは登山中  登山開始が遅かったからね~
黙々と歩きます。いつも癒されるブナ林を抜けると・・・夜叉壁
夜叉壁さん、1年ぶりですね~ こんにちはnote
Photo_3 Photo_4
お花畑・・とはいかないまでも、いろんなお花が咲きかけていました。
そして、待望の・・・ニッコウキスゲ
Photo_5 Photo_6
あちこちに咲いてますね~  とってもフレッシュheart
Photo_7 Photo_8
本日のゆきママのお昼ご飯は・・コンビニのおにぎり↑
ラーメンの味がしま~す。 ウッマァ~w(゚o゚)w

本日の夜叉が池
Photo_9 Photo_10
ハイsign01 貸し切り状態でした~
だ~れもいません。ゆきママ夜叉が池を独り占めしてきました。
ここでさっきのおにぎりを食べて、静かに休憩をとって・・・でも、なんだか心細くもあり・・・(苦笑)
15分の休憩で早々に下山モード。

11時登山開始  夜叉が池到着は12時30
12時45分下山開始  駐車場到着は13時50分
自宅到着は17時05分

ドタバタ登山でしたが、ニッコウキスゲにもお目にかかれたし、トレーニングも出来たし、めでたしめでたしhappy01

































|

2014年5月28日 (水)

赤坂山ハイク サラサドウダン見頃(^^♪

5月28日(水曜) 滋賀県マキノにある赤坂山にサラサドウダンを見に行ってきました。今日もいい天気です。今回は久しぶりにツー&ハイクです♬
Photo Photo_2
本日の登山コースは左写真  たくさん歩く予定です。
自宅出発は午前8時  8時の時点で外の気温は20℃  日中の気温が心配ですが・・・山は涼しいかな・・・
Ninとともに風を切って順調にメタセコイア並木へ到着~
マキノ高原への到着は9時20分
身支度を整えたり、軽く朝ご飯を食べたりして、登山スタートは9時45分
Photo_5 Photo_4
平日登山だけど、人気の山という事もあり、登山者は多かったです。
右写真は武奈ノ木平 ここに到着したのは10時30分 登山開始から45分後・・まずまずの歩行ペース
一般の登山客もいましたが多くは小学生  このまま歩けば小学生の団体に交じって歩くことになりそうだったので、小学生が出発してしばらくしてからスタートしました。
でもね・・・途中で小学生たちは休憩してたので、結局赤坂山山頂手前までほとんど一緒に歩くことに・・・というか・・・小学生の団体を引率するような感じになってしまいました。

武奈ノ木平からはブナの樹林帯の中を歩きます。とってもいい気持ちなんだけど・・・時々、毛虫がぶら下がっている場所があるので、びっくりします。
ぶら下がっている毛虫をよけたとたんに、まず1回目のゴンッ 木の枝に頭をぶつけてしまい、私の後ろに続く小学生たちに笑われてしまいました。
Photo_6 Photo_7
つぼみが膨らんだヤマアジサイ  花を咲かせる準備は整ってますね~
ほとんど花の時期が過ぎてしまったイワカガミですが、咲遅れたイワカガミ発見! 写真を撮って立ち上がった瞬間に2度目の
ゴンッ これは小学生たちは気づかなかった様子
Photo_8 Photo_9
赤坂山山頂付近で小学生たちは、左へ・・・私は右へ・・・赤坂山の山頂を目指します。山頂付近は全く日影がありません・・・・暑いんですけど・・・
Photo_10 Photo_11
赤坂山 三角点・・・標高823,8m  赤坂山山頂から琵琶湖が見えます。
ここに集ってる皆さん、ここでランチのようですが・・・日陰がないし・・・暑くありませんか???  ゆきママは日陰を求めて、山頂は通過します。
Photo_12


山頂から三国山へ向けて出発です。
左写真は三国山へ行くために超えなくてはならないガレ場があります。

その名は・・・・明王の禿(ハゲ)
すごいネーミングだ

Photo_13 Photo_15
明王の禿の手前の木陰でゆきママ 涼しくランチ♪
ブナ林を通り抜け・・・
Photo_16 Hadoru
見えてきました 明王の禿
ここに設置されている木の階段ですが、風雨によって砂が削り取られ、もはや階段の意味のない状態に・・・・プチハードル・・ですね
Photo_17 Photo_18
Photo_19 Photo_20
なかなかの絶景ですね~       赤坂山を振り返る

赤坂や山頂を下り始めたころから、お目当ての「サラサドウダン」が沢山咲いていました。とってもかわいいです。
Photo_21 Photo_22
別名 フウリンツツジ ともいうらしいです。
ちょっとワイルド感にあふれた明王の禿ともお別れして、「三国山」へ向かいます。
Photo_23 Photo_24
1時間近くかけてやってきた割には、展望なしの三国山
標高:876m  ピークハントしたっていう満足の元、下山体制
三国山山頂から来た道を引き返し、黒河峠を経てマキノ高原を目指します。

黒河峠の湿原地帯・・・夏にはキンコウカの群生が見れるらしい
Photo_25 Photo_26
黒河峠を抜けたら延々と続く林道(このバス停まで5km) 非常に疲れました~(泣) 足の裏にマメできちゃいました。
このバス停からマキノ高原まで1,5㎞ぐらいかな~
一人でテクテク歩いていると、ジモティのおば様が車を止めて声をかけてくれました。

おば様「乗っていくか~?」
ゆきママ「どこまで行くんですか~」
おば様「郵便局や~」
ゆきママ「???」。。。どこにあるんやろ?
ゆきママ「有難う~ 私、さらさ温泉に行くんで、もうすぐなんで歩きます~」
おば様「そうか~ 気をつけてな~」

と、まあこんなやり取りがあり、地元の方の親切に感謝しつつ、よろよろになりながら、マキノ高原にたどり着きました(苦笑)
マキノ高原に着いたのは15時15分  速攻、登山靴を脱いで冷たい缶コーヒーを飲みつつ15分間休憩

そのあとNinとともに、晩御飯の支度をすべく帰路につきました。
自宅到着を17時10分  

暑くて 足が痛くなった登山ですが、充実感いっぱいでした。






















































 






|

2014年5月13日 (火)

2014 5月11日 大和葛城山

昨年の葛城山はピーク過ぎ  今年の葛城山はピーク前 ですが・・・なかなかうまい事、都合が合わず(苦笑)  それでも行ってきました~
標高は959,2m  標高差660m  1時間30分の登山で山頂へ到着(^^♪
Photo Photo_2 Photo_3
登山を開始してすぐに満開のおおでまり  登山道を彩る黄色いお花
まだまだ健在のいかりそう
Photo_4 Photo_5 Photo_6
白いラッパ型のお花は空木 字のごとく、空木の木は中が空洞です
そして、初めて見ました~  水戸黄門で有名な葵
葵の花ってこんななんですね~ 葉っぱの下に隠れるように咲いていました
Buna
登山道は櫛羅の滝コース  標高が増すにつれて杉林からブナ林に代わってきます。まぶしいくらいの新緑  とっても気持ちが良いです。
ブナの大木  とってもきれいでした。  
Photo_7 Photo_8
まだまだ7割はつぼみの状態の葛城山のつつじ
咲いている3割のつつじ
Photo_9 Photo_10
上から見下ろした赤い絨毯のできかけ・・
下から見上げた赤い絨毯のできかけ・・指さしている場所から降りてきたのです。高原というだけあって、日陰がありませ~ん 本日は晴天なり(^^;
Photo_11 Photo_12
葛城山のところどころでまだまだ健在の「かたくり」の花
つつじは3分咲きだったけど、この花が見れて良かったです。
帰りはR30からちょっと山手に入っていったところにある喫茶店で、せっかく消費したカロリーですが・・・しっかり補ってから帰りました(苦笑)

|

2014年4月13日 (日)

青葉山  ビートルズ  花と蝶

4月11日(金曜)
かなり久しぶりのブログ更新になります。忙しかったり、気分が乗らなかったり・・・・すべて言い訳です(ゴメンナサイ)
桜満開の中、お天気も上々で・・・でも、お出かけのお連れが見つからない。

どうしようかな~と、当日の朝までウダウダしてましたが、素晴らしい陽気に手招きされて行ってきました。 福井県の青葉山で~す。

京都から青葉山登山口まで2時間強
バイクではまだちょっと肌寒いので、ジムニーでお出かけしました。

5年前に引越しをしてから、すっかりお蔵入りになっていたビートルズのCD
を引っ張り出してそれを聴きながら福井までドライブです。
Photo Photo_2

5年ぶりに聴くビートルズ  懐かしかったな~
ビートルズの世代ではないけれど、中学生の頃かなり聴いてました。
始めに流れてきた曲は「Love Me Do」 案外歌詞も覚えているところもありなんだか一人でも楽しくなってきちゃいました。
幸先よさそうな予感 (^^♪   昔、サイダーのコマーシャルソングだったような・・・?
Photo_3 Photo_5
ちょうどビートルズのCDもすべて聴き終り、青葉山登山口に到着したのは午前10時  登山開始は10時20分でした。
歩き始めるとすぐに竹林の中へ・・・ここで幸先の良い予感が当たりました。
いろんな竹の音が聞こえてきます。
風で笹の葉が揺れる音  竹と竹が擦れ合ってカチカチと鳴る音
そして・・・時々、「カーン」という竹を割るような・・ししおどしのような・・・
竹林のいろんなところから聞こえてきます。
この、「カーン」という音ですが、いつでも聞くことのできる音ではないようで
竹の成長する音だとか、竹の空洞の中の空気が膨張して音を発しているとか・・いろんな説がありますが・・・実際は・・??
どなたか知っている人がいれば教えてください
Photo_6 Photo_7
 登山口でつくしの写真を撮っていると、畑仕事をしているおじいさんが話しかけてこられ、行に10分程度、下山時に15分程度おしゃべり(笑)

昨年は5月の中旬に青葉山に登山しましたが、今年は1か月早い今日です。
久しぶりの山歩きだったので、結構足がしんどい・・
Photo Photo_2
岩壁に這ったように張り付く梯子         カニの横這い
青葉山の難所といわれるところも無事通過~
カニの横這いの向こうに見えている山が、青葉山の西峯
此処を過ぎたら一気に下り、また上り返しがやってくる
Photo_3 Photo_4
この時期はまだ気の葉も茂っていず、尾根をるくときなんかは眼下に日本海が見えて気持ち良く歩けました。左写真は山頂からの若狭湾
右写真はゆきママ 手作りサンドイッチ・・・・本日のランチで~す
このサンドイッチね・・・少々不格好ですが・・・パンもゆきママが焼いたんですのよ(自慢)  ベーコンレタス&必殺甘い卵焼き

西峯山頂でご飯を食べ、30分の休憩後 下山
上りの所要時間 2時間20分ぐらい
下りの所要時間 1時間10分ぐらい
自宅出発は午前8時
帰宅は午後5時15分 でした。

本日であった花と蝶
Photo_5 Photo_6 Photo_7
Photo_8 Photo_9 Photo_10
Photo_11 Photo_12 Photo_13
10_2 13 11
この時期の青葉山は、お花がいっぱいでした。特にすみれは咲き誇っている感じで・・・きれいでした。
Photo_14
そして、出かける時の幸先の良い予感 2つ目の当り
ギフ蝶  たくさん見かけました。日本固有の蝶で年々数が減ってきているらしいです。すみれの多く咲く山でみられるそうです。

お天気も良くて 素敵な山行でした(^^♪



|

2014年2月24日 (月)

2月23日 雪の綿向山に行ってきたよ~

2月23日(日曜)  滋賀県と三重県の境にある綿向山に行ってきました。
今回はお友達のヨッピーさんと一緒です。
Photo_2 Photo_3 3

自宅出発は午前7時  京都の出町柳駅で待ち合わせして、ジムニーでお出かけしました。綿向山の駐車場に到着したのは9時過ぎ
駐車場はこの時間でもすでに満車状態・・・停めるところに苦労しました。

登山口から積雪はあるものの、ところどころ土が見えていたりして、雪山が楽しめるかどうか・・・? そんな思いで歩き始めました。
標高が上がるほどに少しずつ雪の量は増えて右写真の小屋は3合目
30cmぐらいの積雪
5 Photo_4

5合目です  ここの小屋 可愛いですね~
真っ白な中に赤い屋根がいい感じです。入り口には鐘もついてて、鳴らしてみたら、意外に大きな音でビックリ
7 Photo_5 Photo_6

スタートした時は雪道というより、凍ってる道の感触が強かったけど
ここまで(7合目)来ると、登山者の踏み跡をしっかり歩かないと、踏み跡からそれると、「ボソッ」と埋まってしまいます。
このあたりで積雪は40~50cmぐらいかな~
迷彩柄の木 発見~    絵具で書いたわけではなさそうですが・・・
この~木、何の木、気になる気になる ♬ ♬ ♬

7合目から頂上まで、かなりの勾配の雪道を進んでいきます。
やたら風が強くて・・・ここが関西であることが信じられない感じでした。
Photo_8 Photo_9
2回のアップダウンをクリアし、ようやく山頂が見えてきました。
なんだかすごい賑わい  満員御礼状態です。
私たちが駐車場に着いた時、マイクロバス2台いたしね~
Photo_10 Photo_11
一面の雪景色    青い空
雨乞岳と鎌ケ岳 どど~んと見えます。右側のとんがった山が鎌ケ岳
左の大きな、なだらかな山が雨乞岳
そして・・・綿向山のシンボル(右写真)
みんな写真に収めるので、この木の周りでは誰もお弁当を広げないようです。
Photo_12 Photo_13
山頂で記念撮影    下山は急斜面を利用して、お尻で滑って降ります。
と、言ってもほんの数か所ですが・・・。超オモシロイ
ヨッピーさんがお手本を見せてくれました。 雪山って楽しいね~♪
Photo_14 Photo_15
登山開始は9時45分  駐車場まで下山してきたの15時30分ごろ
帰りは少し大回りで・・・近江八幡へ・・・
琵琶湖畔のカフェレストラン「シャーレ水ヶ浜」
レストランの中から飛来してきている水鳥を眺めながら、お茶して帰りました。  ヨッピーさん  お世話になりました~  
とっても楽しかったです。
またよろしくね~

|

2014年1月21日 (火)

雪景色の愛宕山

1月21日(火) 今年初めての山歩きで~す
自宅から車で30分  こわいこわいトンネルを通り抜け・・・
Photo Photo_2

着いたところは「京都の愛宕山」冬の愛宕山は雪山
と、いうことで昨日慌ててアイゼンを購入
ゆきママアイゼンをつけて冬山デビューです
愛宕山の標高は924m  歩き始めは全く雪はなく、数日前に降った雪も解け参道はべちゃべちゃでした。
8 Photo_3

8合目あたりからアイゼン出動! 初めての装着だけど、簡単にできました。しっかり雪や氷をつかんでくれて、スイスイ上れました♪

本日のお供はおなじみのサラちゃん それと、昨年の愛宕山の千日参りの時もご一緒していただいた、サラちゃんのお友達の「オッチャン」   愛宕山の黒門の前で記念撮影~

Photo_4 Photo_5

本殿に到着  ガスってます。山頂の気温は-3℃
本殿入り口の松の木もこんな状態
Photo_6 Photo_7
あちこちにつららも・・・歩いている時は暑いぐらいだったのに、参拝中にどんどん寒さを感じてきました。
山頂にある東屋でお昼ご飯  今日のランチはカップ麺
あったまる~♪
Photo_8 Photo_9
これまで、愛宕山には4回ぐらい上ってるけど、三角点を見たことがなかったので、今回は三角点を目指します。
三角点のある方角は結構雪が深いです。本殿のあるところの積雪は3~4cm程度だったのに、こちら側は15cmぐらいはあったように思います。

Photo_10 Photo_11
京都といえば「杉」 まっすぐに伸びた杉の木って綺麗ですよね~
とっても静寂を感じます。
看板発見   ごもっとも・・・足を踏み入れてよい場所 ダメな場所ちゃんと節度をもって登山しましょうね~
Photo_12 Photo_13
三等三角点           左:サラちゃん  右:ゆきママ
Photo_14 Photo_15
帰り道  野生のシカの親子に遭遇
こっちを気にしてます。逃げる気配はなし  カメラを向けても動じない。  ズーム!
お尻のハートマーク 超かわいい~   人間の罠にかからないようにね・・・

久しぶりの山歩き  ちょっと疲れました。日ごろの運動不足を実感・・  定期的に体 鍛えなくちゃいけませんね




|

より以前の記事一覧