« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

お弁当

家の片づけをしていたら、なんだか見覚えのあるCDが1枚出てきました。
CDのケースに「料理」と書いてありました。
検索で収集したレシピ集かと思い、開いてみると・・・
ゆきちゃんが小学校低学年の頃、遠足とか運動会とか・・
行事用のお弁当を写真にとって保存していたんですね~

私って結構マメなことしてたんだ(笑)
Photo Photo_2
パンダ弁当                オニギリ弁当
Totoro Photo_3
ととろ弁当                 ピラフ弁当
Benntou Photo_4
幕の内弁当                三色弁当

もう今では、面倒くさくて出来ません(苦笑)
ととろが微妙に変ですねcoldsweats01

|

2013年8月27日 (火)

延暦寺三塔巡拝

8月21日
本来ならこの日は2年越しの計画  「伊吹山夜間登山」の予定でした。
でもね~  8月20日頃からちょっとお天気が・・・・
伊吹山のピンポイントお天気予報を見ると、丁度登山中が雨sprinkle  
ご来光の時点はくもりの予報cloud
う~ん・・・これでは、行った所できっと、あたり一面まっしろなはず・・

仕方ない・・・中止だ~

と、言う事でこの日、登山する予定の皆様に、早朝メールを送信
だって、遅くまで待ってたら、せっかくの休日が無駄になるしね・・

午前10時  お友達のP嬢からメールが・・・mailto
P嬢も今日は一緒に登山の予定だったのです。
「今日、登山中止だけど、なにか予定ありますか~?」
ない・ない・・・   ぽっかり明いた休日です。

早速P嬢にphoneto 

ゆきママ 「特に予定ないし、比叡山でも行ってみようかな~と思ってる」
P嬢 「登山ですか?」
ゆきママ 「ううん ケーブルカーとバスで・・・」
P嬢 「私も行く~  マッハで準備して出かけるね~」

こんなやり取りで始まり(これは午前10時のお話し)
見事sign0112時にP嬢 神戸から京都の四条大宮に到着~sign03
ほんまにマッハ行動やったね
Photo_5 1_2
午後1時にはケーブルカーに乗り込みます。
なんでも、比叡山のケーブルカーは長さと傾斜は日本一らしい
ケーブルカーで山頂まで行き、バスに乗車

最澄が開山してから1200年が経過した比叡山  日本仏教の母山と言われています。なんとも本日は高尚なお出かけconfident

比叡山は大きく三塔(東塔 西塔 横川)の地域に分かれていて、これらを総称して比叡山延暦寺と呼ぶそうな・・・

右写真は「横川中堂」・・・ここは、比叡山の一番北にあるのでバス代が・・・高いsweat01
バス代が高いせいなのか?時間的に遅いせいなのか?
観光客は少なく、かなり静かでとっても落ち着ける感じです。

パワースポット うなずけます。
静かな小道を歩きながら元三大師堂へ向かいます。
なんでも、おみくじ発祥の地らしいです。
5 Photo_6
7 6
角大師         
遠くから見ると全体的な様相はなんだかちょっと、不気味な感じもしますが、近づいてみると・・・なんだかとってもゆるいお顔立ち(スミマセン)
詳しくは・・こちらhttp://www.ganzandaishi.jp/

今回、一番行ってみたかった所が、此処だったので、HPも載せてみました。
だって、説明できませんものcoldsweats01

横川の次は「西塔」
10 11
常行堂・法華堂(弁慶のにない堂)        釈迦堂

比叡山でお掃除地獄とも呼ばれている、浄土院 訪れてみたかったけど、時間が無く本日は断念。
左写真は、修行の場で座禅の体験が出来るようです。この日は「修行中」の立て札があり、静かに・・静かに・・通過しました。
またもや・・バスの時間があるので此処も駆け足で通過
Photo_7 15
そして、東塔
根本中堂   此処に到着したのは16時55分ぐらい   もう扉は殆んど閉められた状態で、30cm程度隙間が開いていました。
お坊さんがそばにいて・・「もう終わりです」とのこと。かなり、時間に厳しい
そりゃそうよね・・修行の場ですもの
此処には1200年間守り継がれた「不滅の法灯」があるそうです。
17 12
大講堂                   鐘つきが出来る  1回50円
「ご~ん」という音  良いですね~   煩悩が減ります(きっと)
13 14
P嬢 鐘をついて煩悩を減らす・・
「連打はダメよ~」・・書いてあるでしょっ!(笑)
Photo_8
駆け足で延暦寺三塔めぐりを済ませてしまいましたが・・・これは・・・朝からゆっくり来なきゃだめね~  というのが2人の感想
もうちょっとお勉強してから来ないと、バチが当たりそうです。

ケーブルカーから見た空模様と京都北山のやまなみ
まるで、墨絵のようですね
お空は・・・真っ黒・・・大雨が来そうです。
下山後、雷と土砂降りに遭いましたが、すでに車の中にいいたので、大丈夫でした。

比叡山ドライブウェイは日曜日と祝日以外だったら、二輪車もOK
もちろん通行料は必要ですが・・
紅葉の時期にでも、再来したいですね。

本日は P嬢 ゆきママ ともに煩悩が少なくなった日でしたconfident

 

|

2013年8月26日 (月)

平湯キャンプ 2泊3日で上高地散策~♪

8月16日  かな~り遅れての平湯キャンプ場に到着後、荷物を降ろし、とりあえずテントを設営。グループの皆さんはいらっしゃらないので、どのテントがグループの方たちのテントなのか若干不安。

すると、見覚えのあるドッペルのピンクのテント・・・おぉっ!これはまさしく・・・
そのテントの付近に自分のテントを設営
平湯のキャンプ場はちょっと地面が硬くて、ペグが1本曲がっちゃいましたcoldsweats01

皆が戻ってくるまでに買出しも済ませておこう・・・でも、来る途中、スーパーらしき場所は近場には無かったし・・・そこまで買いだしに行くとなると・・・大変だぁ~

近くにいたキャンパーの方に、尋ねてみると、教えていただけました。バイクで15分程度のところのAコープ
買出しを終えて、ぼんやりしていると、先ほどAコープの場所を教えてくださった、キャンパーの方が声をかけてくださり、ホットケーキをご馳走になっちゃいましたhappy01
良く考えれば、お昼ご飯抜きで走ってたな~
メープルシロップがたっぷりかかってて、すごくおいしかった。
旅は道連れ・・表現違いますね(笑)  類は友を呼ぶ・・これも違いますね(笑)
みんなを待っている間の孤独な時間を紛らわしていただき、本当にありがとうございました。
名古屋のキャンパーさんとのこと。きっとまたどこかでお会いできますよね♪
K1 K2
名古屋のキャンパーさん2名とおしゃべりしていると、皆さん帰ってこられました。
とりあえずお風呂へ行こう~  という事で、近くの温泉へ
温泉から帰って、自分のテントのそばに、簡易の物干しを設置
タオルとか色々干してみました。ロープ1本持っていくと便利ですね~
物干しに使ったロープは以前、クラブのミッキーさんに頂いたものです。
しっかり活用させていただいてますscissors 有難うございました。

Photo_4 Photo_5
平湯キャンプ場の管理センターでチケット購入 割引もありました。入浴料400円也
内風呂はやや熱めのお湯でしたが、外湯は露天風呂がいくつもあり、中にはゆきママ好みの、ぬる~いお風呂があり、のんびり疲れを癒すことが出来ました。

皆さんそれぞれ、いろんな振る舞い料理を披露してくださいました。
食べるのや作るのに一生懸命で写真が・・・・ない・・・・・
楽しくお話をしながら、夜は更けていき、ゆきママは熟睡
テントの中で虫の音を聞きながら   あ~ 宜しいですね~
Photo_7 Photo_8 Photo_10
一夜明け 合計11名のグループのうち4名は一泊で平湯を後にされました。
残る7名  日中、何しよっかな~ という事で平湯のバスターミナルから、バスで上高地の散策に出かけました。
なんて美しい場所shine   上高地と言えばぁ~  梓川の清流に雄大な穂高連峰
まさに思い浮かべるままの姿が目の前にsign03
これはテンション上りますね~
上高地が輝く5月~6月とは時期を逸していますが、梓川の透明度や穂高連峰の凛々しさは変わらず。
真ん中の写真は河童橋
Photo_11 Photo_12 Photo_13
五千尺ホテルから明神池まで左岸道を歩きます。
木立の中をてくてく歩き穂高神社奥宮に参拝  その後、明神池を散策
写真は左から  明神橋   一の池   二の池
なんだか日本庭園のようです。
Photo_14 Photo_17 Photo_21
Photo_22 Photo_23 Photo_24
明神池を散策後、来た道とは逆の右岸道を歩きます。
単調な左岸道と比べると、梓川の清流を眺めたり、明神岳を望める湿地帯があったり・・景観にすぐれているので歩くことが楽しくて・・・confident
今回はバスで上高地のバスターミナルまで来ちゃったので、今度来るときは大正池から歩いてみたいな~
Photo_25 Photo_26 Photo_27
まだまだ上高地の散策を続けたかったけど、そういうわけにも行かず・・・
帰りはタクシーでキャンプ場まで戻りました。だって・・・バスは3時間待ちだったんですもの・・・
7名でマイクロバスに乗ったら、バス代よりもちょっと安かったgood
本日、先に帰られたグループの方から、ワインを頂いたので、キャンプ場のそばの川で冷やしておきました。
それをいただきつつ、皆さんのおいしいお食事を相伴に預かりながら、締めは花火
花火のラストは・・・どなたも同じかな~と思いますが・・線香花火
地味ながらに美しい  そして、潔い。
少し寂しさも感じるけど、ちょっと現実にも引き戻してくれる感じがとても好きです。

夜が開け、朝食を済ませ皆さん帰りの支度  撤収作業は速やかに・・
帰路は皆さんそれぞれ・・・
乗鞍へ向かわれる方  白骨へ向かわれる方  福井へ向かわれる方
ゆきママは自宅へまっしぐら・・・ここ最近遊びすぎているからね~happy02

かえって晩御飯の支度をしなくっちゃ・・・
9時30分ごろ平湯を出発してから、ひるがのSA通過辺りから気温は上昇し始め、恐ろしいほど暑かったsweat01
行きの休憩はひるがのSAだけでしたが、帰りは養老と草津で休憩を挟みました。だって・・・溶けそうだったんですもの(苦笑)

自宅到着は14時30分
私の気分転換に協力してくれる ゆきちゃん かずさん  
どうもありがとねnote

平湯キャンプ 
ご一緒していただいた皆様 楽しい時間を有難うございましたhappy01

     END

|

2013年8月25日 (日)

平湯キャンプ 合流までの珍道中

8月16日  目覚まし時計を無意識のうちに止めた最悪の事態からはじまります。

夢中で走っていたので、日本を代表する観光名所を通過しながら、写真はありません。殆んど文字のみ・・・
自宅を出発できたのが午前6時25分
ひたすら走ります。もちろん休憩は最小限

名神高速から東海北陸道を経て、ひるがの高原SAまで一気に走りました。
自宅からここまでの距離は230km
めっちゃ頑張りました。ここで、メールでですが一行の進行状況が把握できました。
私がひるがの高原SAに到着と同時に高山西を通過したとのこと。

かなり距離を縮めたじゃ~んscissors  1時間遅れぐらいで平湯に到着出来そうと、メッセージを残し、ちょっと休憩。
Photo  

またまた、皆に追いつくべく走り始めます。平均速度:ぬぬわkm/h

ところがデスヨ・・・ゆきママのずっこけがはじまります。
飛騨清見のインターチェンジで中部縦貫自動車道に乗り換える予定。
ここまで分かっていながら・・飛騨清見を通り過ぎてしまったcrying
インターチェンジ付近にジャンクションがあるものと思い込んでいて、清見で下りなかったのよね~・・   最悪weep
  

仕方なく・・・白川郷まで走りました。10km以上もある なが~いトンネルは辛かった。 白川郷でUターンするつもりで下車  すると、下りた所で道が二手に分かれているし・・・  一方は「白川郷」 もう一方は何も表示されていない。
私は白川郷に行くんじゃないの!Uターン目的なの!  ということで、白川郷と記された道へは進まず。  これがまた、大きな失敗
またまた高速道路へ戻ってしまった~coldsweats02

どうにもこうにも・・・仕方なく 「五箇山まで行く事に・・・」  大きな時間ロス
ひとまず五箇山で下車し今度こそ、Uターン
またまた、ながあ~い なが~いトンネルを走ります。
もうね・・・一体 何やってんだか・・・・溜息down

無事、飛騨清見で下車し、中部縦貫自動車道へと路線を変更し、R41→R158で平湯へ向けてひた走ります。もちろん休憩なし

R158で本日ご一緒する皆さんとスライド~
皆さん昼食のために移動中  もちろんテント設営も終了  たぶん昼食後、買出しもする筈。ゆきママ Uターンして合流も考えたけど、一旦荷物下ろさなきゃ、買出しの荷物積めないし・・・そのまま平湯キャンプ場へ・・・

皆さん、Uターンしてくるかなと思って、しばらく停車してくれていたみたいです。
いろいろご迷惑をお掛けしてスミマセンm(_ _)m

何とか平湯キャンプ場へ到着いたしました。大きな大きな遠回りでした。
到着時、バイクの駐輪場は砂利が敷き詰められていて、しかも凸凹・・・
疲れのあまり、こけるかと思いました(苦笑)
Photo_3

          つづく



|

2013年8月24日 (土)

平湯キャンプ  Ninja250Rキャンプ道具積載完了!

8月16日~18日 平湯温泉にバイクでキャンプツーリングに行く事になりました。
Ninちゃんではなかなか荷物がつめなくて、み~んなバイクで行くのに、私は車出動でした。なんとか荷物積めないものか・・・・
まずは、キャンプ道具の見直しからスタート
かさばる大きなもの・・・テント  今、持ってるものでかなりコンパクト
マット・・これがでかい   椅子・・これもでかい
と、言う事でマットと椅子をコンパクトなものに買いなおしてみました。
1_2 2_2
右写真の旅行鞄に左の写真のグッズが納まりました。
3_3 4_2
雨対策として、登山で使っているザックカバー35L  旅行鞄に丁度ぴったり
この鞄をNinのリアシートに乗っけますが、横ズレ 縦ずれを防止するために、鞄の長い方の(肩掛け用)紐をNinの車体の下に通します。手持ち用の短い方の紐をNinのテールランプに引っ掛けます。そしてベルトで固定・・・う~ん・・完璧sign01
5_2 6
そして、サイドバッグ   右写真のグッズたちがそれぞれ左右のバッグに納まります。
7 8_3
自分の着替えとかお財布とか地図とか・・・細かい者はデグナーの防水バッグへ
荷物固定の紐は伸縮性のないベルトで固定し、その上からネットで覆います。
ネットは60×60cmの一番大きなタイプの物を使用
ネットはバックステップの後方にフックをかけ、グイ~ンと後ろまで引っ張り、荷物を覆い隠してテールランプは網の間から出すようにしてテールごとかぶせ、純正でついているNinの荷物用フックにかけて出来上がり

出来上がった姿が右写真。ちょっと座席シートが狭まりましたが、運転に支障は無く、荷崩れすることなく高速道路でも大丈夫でした。

さて・・・本題です。
8月16日 午前5時に大津SAで待ち合わせ   午前6時に多賀SAで皆と合流し出発の予定。前日のうちに荷積みと持ち物、着て行く服etc 全ての準備を完了させていたにも関わらず・・・・ワクワクしてて寝付けず・・・

当日目覚めたらすでに午前6時shock  ごっつい寝坊
とりあえず寝坊した旨を連絡し、即効自宅出発。皆さんには先に行っていただきました。ここから孤独なツーリングがはじまります。めっちゃ、珍道中なのですが・・(泣)

      つづく

|

海を見ながらランチ~♪ツーリング

「海を見ながらランチしましょ♪」 と、クラブの方たちに声をかけてみたところ、この猛暑の中、11人も集まってくれました。
8月11日・・・気温は軽く35度は越えてます。しかも海沿い・・・
メットの中は汗が大変sweat02 
そんな中、クラブの皆さん お付き合い頂いて本当にありがとうございました。

ちょっと前、福井県の青葉山(若狭富士)の山歩きをした時、帰りにお弁当を食べたのが、本日、ランチをすることにしたお店の真下だったのです。
なんだか、気になってしまって・・・coldsweats01

お店の名前は「ラ・イルマーレ」 海 の意味だそうです。
1 2
10台が京都市内で集合   美山で2台合流   ここで全員集合です。
周山街道を走り、県道16号線を経て福井県の高浜町まで

高浜町はビーチがたくさんあり、海水浴でにぎわっているはず・・・と、思いきや・・・
海岸沿いはそれほど混雑も無く、ビーチもちょっと寂しい感じ・・・
3_2 4
お店の中から見える若狭富士&ビーチパラソル
店内は海に向かってカウンターテーブルがあります。カップル向けですね~
カップルで来店中の方のシルエットを隠し撮り(笑)

イタリアンなランチ 写真を撮ったけど・・いまいち きれいに撮れていない(残念)
お味の方は・・冷製パスタとってもおいしかった♪
ちょっと量が多くてお腹パンパンになりました。

海を見ながらランチ の欲望を達成したあとは・・・次の目的
大好きな棚田を見に行きます。
海に向かって棚田が広がる「日引の棚田」  棚田百選にも選ばれています。
途中道を間違えてしまいまい、暑いのに無駄な時間を費やしてしまいました。
皆さん、ごめんなさいsweat01
5
農村と漁村のコラボ~   遠くには原発も見えますが・・
水田の時の夕焼けが見てみたいな~   なんて思ってしまいました。

この日のツーリングは、ゆきママ企画だったので、先導を勤めさせていただきました。超暑い日なのに道を間違えたりしちゃって、参加してくださった皆様、本当にごめんなさい。そして、遠方から参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。大感謝です。

追伸・・・もたもたしている間にどんどん時間が経過して、かなり追っかけなブログになっています。いろいろ、お出かけしているのでボチボチアップしていきますので、よろしくお願いします。sun

|

2013年8月20日 (火)

家族旅行 白樺湖&栂池

だいぶん遅れてのアップですが・・・
8月8・9・10日でささやかですが、家族旅行に行ってきました。
8日の夜中出発(車移動)→9日長野県到着・ホテル宿泊→10日帰宅
車の運転は、ゆきママとかずが交替で担当
ずいぶん駆け足でしたが、皆揃っての旅行は3年ぶり?
行き先の選択はゆきママの独断に近い(苦笑)
2 3 4
早朝に茅野市到着  ビーナスラインを走って白樺湖に到着
ゆきちゃんリクエストの「テディベア美術館」に・・・時間があれば白樺湖周辺を散策する予定でしたが、テディイベア美術館に3時間も留まってしまいました。
5 6 7
テディイベア美術館のお土産売り場で見つけたクマの花束
こんなんもらったら超ウレシイ
美術館の中は世界のテディイベアが展示されてて、可愛い限りheart04
「隠れキャラを見つけて景品ゲット」・・これでかなりの時間を費やしました。

次はゆきママ一押しの栂池へ向かいます。
安曇野インターを下車してからが結構遠かった・・
8 9 10
小谷村のホテルで一泊  9日は朝から栂池へ・・・
ロープウェイを乗り継いで自然公園に向かいます。栂池は少しガスってましたが、いろんなお花が咲いていて、癒され度はかなり高いsign01
ぐるんと一周したかったけど、時間の都合もあり半分くらいの散策で終了
11 12 13
栂池ヒュッテ  
14_2
関西ではニッコウキスゲは6月下旬から7月上旬までだったけど、ここでは今が満開
たくさんの群落がありました。
ガスっていたので白馬岳は望めませんでしたが、吹く風は涼しくとっても気持ちよかったconfident

ゆきちゃんは、最初のうちは楽しそうだったけど、ちょっと退屈だったかも・・(苦笑)



Photo Photo_2 Photo_3
 ?           クルマユリ      ヒオウギアヤメ
Photo_4 Photo_5 Photo_6
 ?              ?        ミヤマアキノキリンソウ
Photo_7 Photo_8 Photo_9
 ?           シナノキンバイ      ?
Photo_10 11_2 Photo_11
 ?           チングルマ      ワタスゲ
Photo_12 Photo_13
咲いていたお花はほんの一部です。
散策を終え、ロープウェイで下山中・・イノシシとも鹿とも???なんだこの動物?
ロープウェイから撮影  何とか写りました。帰宅後、調べてみたら「かもしか」でした。かもしかって鹿ではなく、牛の仲間なんですね~    初めて見ました。

帰りは名神高速がかなりの渋滞だったようで、大きく遠回り
一旦新潟まで上り、北陸道を経て滋賀県(木之本)下車で10日の21時に帰宅
3日間で、京都→滋賀→岐阜→愛知→長野→新潟→富山→福井→滋賀→京都
う~ん・・・良く走りました・・・バイクやったら無理~(笑)

久しぶりの家族旅行 満足満足full 

|

2013年8月 5日 (月)

和歌山  白崎海洋公園に集ってきたよ

8月4日(日曜)
毎月恒例 クラブの集いの日   今月は和歌山県
白崎海洋公園は和歌山の南部  ん~・・・結構遠いな~
でも、行っちゃいます♪ だって、お連れもいるし、楽しいから♪
自宅出発は午前6時  京都から出発する方たちと待ち合わせして、ゴールを目指します。写真は無いけど、今回、和歌山までの道程で、貝塚から高速を降りて、犬鳴山温泉のある峠を走りました。なかなか素敵な道でしたよ。ここはハイクも出来るようで、秋になったら、温泉&ハイク&ツーリング なんて超欲張り計画が頭をよぎりました(笑)
1 2
白崎海洋公園に到着~  白亜のスポット  白い岩は石灰岩なのだけど、この岩が見られるのは何故か、ここだけ・・・   海底火山の活動らしいけど・・詳しく調べないと良く分かりません。ここの施設の中に入れば分かると思うけど、そこまでお勉強熱心ではありません(苦笑)
3 4
ここの見学をサラッと済ませ、お昼ご飯へ移動~
今日のお昼ご飯は、シラス丼   せっかく頂いたしらす丼 写真に収めたかったけど、バイクのバッグの中にカメラ忘れてきたので、お店のメニューから・・・
お店の名前は「しらす屋 ゆあさ湾」
お醤油発祥の地の「湯浅」にお店があります。湯浅の町並みにも興味があったけど今回はパス・・・またもうちょっと涼しくなってからゆっくりと散策に訪れたいですねconfident
10p10men1 Photo
私のご注文は しらす&明太子  生しらすもあったけど・・ちょっと抵抗が・・coldsweats01
昼食後、立ち寄った道の駅「しみず」  かき氷を・・こんな暑い日はかき氷に限りますね~  ブルーハワイ  すごい着色料・・お口の中が水色になっちゃいました。
でも、体はかなりクールダウンできました。
そうそう、道の駅に立ち寄る前に、今年の6月にこの近くにある棚田を見てきたのですが・・・6月は田植え時期   あれから2ヶ月   おコメの成長は?
Photo_2 5
田植え時期               成長した苗
Photo_3 Photo_4
道の駅に展示されていた「カブトムシ」 本物ですよ~
日本では見ることのできないカブトムシ・・・メッチャ戦闘力高そう!
ケースから出して見せていただきました。
名前は・・・・アレキサンダー?ちがうか・・・忘れちゃったけど、とても強そうな名前でした。写真左のカブトムシ、1匹100万円eye
ちょっとだけ触らせていただきました・・・買う人 いるんやろか?

と、まあこんな具合で楽しくツーリングは終了。帰りは奈良と和歌山の境の峠を越えて、奈良県を縦断する形で帰ってきました。

全走行距離 411km(内高速利用は100km)  頑張ったよ~full
本日ご一緒いただいたクラブの皆さん  ありがとうございましたhappy01


|

2013年8月 3日 (土)

愛宕山 千日詣り

7月31日  1年に1度の京都愛宕山の千日詣りに行ってきました。
京都に住んでかなりの年月になりますが、はじめて行ってきました。
愛宕山は火の用心の神様  7月31日のこの日に山に上って、お参りすると、千日分のご利益があるそうな・・

登山口の一の鳥居から頂上まで約4kmの道程  その4kmに明かりが灯るんです。
1_3 1_4
本日のお連れは、サラちゃんと、サラちゃんのお友達のOさん
本来なら23時30分に、右写真の一の鳥居の前で待ち合わせ
でも、どういうことか、今年の千日詣りはバイクや自転車は、登山口のはるか手前で通行止め・・あとは歩いていってね~coldsweats01

仕方なく、高雄パークウェイの入り口の所にバイクを停車して、登山口まで歩きます。京都ではちょっと有名な?心霊スポットを歩きました。
十分肝試しですsad

午前零時ごろ一の鳥居前でサラちゃんたちと合流   いつもの愛宕山登山とは雰囲気が大きく違います。もの凄い人人人・・・臨時のバスまで・・・タクシーもいっぱい
2 3
そして、最もビックリしたのは、下山してくる人は登山する人に、「おのぼりやす」の声かけ  「おのぼりやす」と声をかけられたら 「おくだりやす」と言葉を返す事。
ふだん、愛宕山登山で、このような声かけは、一切ないです。
普通に「こんにちは」とか「おはようございます」なんだけど・・・
誰一人、違ったことを言わずに・・・そして殆んどの人がすれ違う人に、声をかけているんです。  なんか、もの凄い団結感を感じちゃいます(笑)
1年に1度だけのご挨拶です。

それと、千日詣り・・・年輩の人が多いのかなって思ってたけど・・とんでもない・・・
10代、20代の方が多いのにも驚きました。  右写真は5合目の休憩場所
4 5
五合目の休憩小屋  時間は午前1時過ぎ
右写真は8合目当たり  時間は午前2時
この日だけは一晩中 賑やかな愛宕山です。
6 7
黒門通過~               本殿へ続く階段
8 9
標高924mの山頂が こんなに賑やかに灯りに包まれて・・すごいです
10_2 11_3
Photo_3 Photo_4 Photo_5
愛宕山の山頂で夜を明かす方も多く、たくさんの方がシュラフを持ち込み仮眠をとってます。ご来光待ちかな?  本殿でお神酒を頂き、お守りを一つ購入
愛宕神社では猪さんが神の使いとされています。
たくさん売られていたお守りの中で、たった一つ残っていた黒いお守り
妙に目に留まって・・最後の1個をゆきママGETしました~

頑張って千日詣りしたし・・いい事あるかなconfident
下山時、一の鳥居まであと50mという所で、雨が降り出しました・・ザンネン
雨は降り続き、もちろんバイクで濡れながら帰宅
自宅到着は午前6時30分  この日だけはきっと許されます「朝帰り」scissors

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »