« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

初めての北アルプス 其の4(弓折岳 下山)

ブログを見てくれている皆様 長いこと引っ張っちゃってすみませんsweat01
やっと最終です。
4時に起床するはずが、4時20分ごろ・・・シマッタ・・
Photo_19 Photo_20
またまた 朝ごはんの支度はモアさんが・・・本当にスミマセンsweat01
リゾットと高野豆腐  アツアツでとってもおいしい  涙出そうでした(感謝)
それにしても、モアさん・・なんて手早いの・・モタモタしている間にセッティング完了
な~んにもせずに食べただけの自分が恥ずかしいですbearing

山の朝は早いです。薄暗いうちから皆さん出発
日が昇るのもまた早いです。出発時刻は6時台だったと思うけど・・すでにお日様は燦燦と輝いています。
Photo_22
いざ!弓折岳へ! 
Photo_23 Photo_24
弓折岳へ向かう道中には雪渓の稜線歩きがありました。ド素人のゆきママとP嬢は滑落するかもしれないので、念のためつながれることに・・(苦笑)
Photo_25 
弓折乗越を経て、弓折岳ピークへ
Photo_26 Photo_27
Photo_28 Uho
槍のポーズ               仲良くUFO!
Photo_29 Photo_30
ちょいワル                 お花畑
弓折岳で遊びすぎたようで・・・下山と帰路を考えると、初めに予定していた、くろゆりベンチに行くのはちょっとムリ・・

くろゆり観賞が出来ないのはちょっと残念でしたが、下山のことを考えると、今回はこれでヨシという感じでした。
あんまり欲張るとろくなことが無いですからね・・経験上(笑)
Photo Photo_2
山の斜面のお花畑を観賞しつつ下山      鏡平山荘に下山後、頂いたかき氷
山のてっぺんで食べるかき氷 なんて贅沢なんでしょう(生ビールも贅沢だったけど)

かき氷を食べてクールダウンしたところで、試練の下山が始まります。
上りより下りがしんどいcrying
なので、写真は・・・・ナイ・・・です。
Photo_3 Photo_4
なんとか、新穂高ロープウェイ(第一)に到着・・・もう・・・足、痛いし・・・crying
近場の温泉で汗を流し、しばらく放心状態でした(苦笑)

それでも、また行きたいsign01

普段、景色を眺めながら何十分もぼんやりと過す事なんて出来ない日常ですが、今回の山行は余裕を持ってプランを立てていただいたお陰で、きれいな景色を眺めつつ、最高の贅沢をしてきたように思います。

今回、ご一緒していただいた皆さんに心から感謝confident
そして、いつまでも終わらないブログを懲りずに読んでいただいた皆さんに感謝confident

             おしまい

|

2013年7月24日 (水)

初めての北アルプス 其の3(鏡平山荘・・槍の輝き)

やっとの思いでたどり着いた鏡平山荘
Photo_2 Photo_3
板の歩道を歩いて山荘まで・・・通り過ぎて振り返ってみます。
山荘の前にはひょうたん池があり、池の水面に空が映っていい感じです。
Photo_4 Photo_5 Photo_6
山荘付近から見る槍ヶ岳  ズームで見ると、見えますか?槍ヶ岳山荘
夕方になると明かりがついて、キラキラ光ってます。
いつかはあそこへ行きたい!
Photo_7 Photo_8
とりあえず、山荘にチェックイン  素泊まりなので、宿泊料金は6000円也
寝る場所は右写真  壁の区切りや、男女別などありません。
私達の休む場所は左側の2階部分  窓があるのでそこから槍ヶ岳が見えます。
ラッキー♪  
売店もあって、ジュースやビール おつまみなんかも購入できるけど・・お高い!
無くて当然の所においてあるんだから、高くても納得です。
写真撮るの忘れたけど、生ビールで乾杯しました。生ビール1杯800円也
Photo_9 Photo_10
 ピンクの熊                黄色い熊
山荘周辺を散策中に出会いました(笑)
Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15
山の夜は早いです。宿泊の皆さん 早朝の4時5時に出発される方が多いそうです。
なので消灯は20時ごろ  早いこと食事を取って寝る支度をしなくっちゃ・・
夕食は自炊を選択
夕食の準備はモアさんがしてくれました。私達はお手伝い
本日の夕食はカレーとサラダ  充実sign01
スナック菓子のジャガリコに熱湯を入れて潰し、その中にベーコンときゅうり投入
マヨネーズで味を調えて出来上がり。

ご飯も熱湯を注いで15分  カレーも熱湯を入れてかき混ぜて・・・
とっても手早く出来るし、ザックに入れて運ぶから軽くて便利です。
味もなかなかgoodscissors 

モアさん ありがとうございました。とってもおいしかったです。
そして、とってもお勉強になりました
Photo_16 Photo_17
食事はお外で・・・夕方になると結構冷え込みます。
薄手のダウンジャケットは必要です。外の空気はおいしいし、ご飯もおいしい!
楽しくおしゃべりしながら食事をしていると・・・おっ・おっ・・お山が・・・
槍ヶ岳が輝き始めました~shine
夕焼けでお山が赤く染まり始めてます。  急いで鏡池へ・・
Fc2blog_2013072200334092es1
鏡池に映った槍ヶ岳  輝いてますね  とっても幻想的です
ゆきママが撮った写真は輝きが上手く撮れていず、P嬢がスマホで撮った写真を拝借させていただきました。 P嬢ちゃん ありがとう♪

輝いている時間はとても短く、暗くなるのも早いです。
山荘に帰ってから顔を洗ったり、歯を磨いたり・・就寝の準備です。
すでに眠っていらっしゃる方もいるので、作業はコソコソ・・コソコソ・・・(苦笑)
抜き足・・差し足・・・ちょっと泥棒チック(苦笑)

 そんなこんなで、疲れもあり、普段では考えられない20時就寝  
 明日の弓折岳&下山に備えてます。
 明日は4時起 5時出発の予定です。    爆睡・・・sleepy

    引っ張りすぎですね・・スミマセン

    つづく

 



|

2013年7月23日 (火)

初めての北アルプス 其の2(わさび平小屋~鏡平山荘)

にこにこ笑顔でわさび平小屋を出発した私達
しかし、長すぎる林道歩きにちょっとウンザリ・・・いつまで続くの??
なだらかな上りとはいえ、あんまり楽しくないんですけどsweat02
このままこんな道で鏡平まで行くのかしら?それやったら残念・・なんて思いが・・・
Photo Photo_2 Photo_3
なんとか林道も終盤  小さな沢?みたいな所を渡ると、「小池新道」なるガレ道へ
とりあえず石ころだらけ・・長い林道とお別れして違う景色に感動しつつ、モアさんの後に続きます。
2 Photo_5 Photo_6
はじめは楽しく、アルプスのやまなみに感動しつつ、きゃあきゃあ言いながら歩みを進めていた私達ですが、少しずつしんどくなってきた。
休憩はまだか・・・  背負ったザックの重さもずっしりと感じられようになった頃、やっと「秩父沢」到着  雪解けの水が川になって流れ落ちてきている場所です。
ヒンヤリ涼しく「生き返る~sign01
ここで休憩を取っている方たちはとても多いです。大きなザックを背負った女子達の姿がやたら多いのにビックリ
私達もザックをおろし、一休み  
Photo_7 Photo_8 Photo_9
所々に残る雪渓の上を歩きます。
雪渓の上を歩くなんて初めて~note ちょっと滑ります。なだらかなゲレンデのよう・・

途中、大きな岩に明らかに人工的に積み上げられた小石の山・・
何かの願い事?  
早く山荘に着きますように(願) 素敵な景色に逢えますように(願)

秩父沢で休憩を取りすぎたか・・sweat02 ザックの重さが・・・うぅっ・・重い・・
延々と続くガレ道  しかも傾斜はきつくなってくる・・・足が重い・・・

ゆきママ  「いつまでこんな道が続くんですか~?」
モアさん  「ずっとや~」
Photo_10 5 Photo_11
喋る元気がなくなってきた・・・P嬢、頑張れsign03
泣いてるんじゃないのよっ・・サングラスの中に汗が溜まるんですっ(笑)
「あと5分」 岩に書かれた文字に少し元気をもらいます。
が、しかし・・・この5分は・・キ・ツ・イ 
だんだん空が近くなり、視界が広がってきました。  到着~upupuphappy01

広がるパノラマ~   槍ヶ岳が見える!  穂高連峰が見える! 
おぉっ!絶景!
Photo_13 Photo_14 Photo_15
寝る          寝る         
途中でペースダウンもあり、モアさん冷や冷やだったでしょう・・(苦笑)
なんとかたどり着きました。
頑張った! がんばった! この景色はご褒美だ!
Photo_16 Photo_17 Photo_18
槍ヶ岳         槍ズーム       穂高ズーム
Photo_19 Photo_20
抜群の景色に感動しつつ あとは鏡平山荘へ・・・ここからすぐでした。
やっと、山荘到着!

今日はここにお泊りするのねnotes  別世界です。絵葉書の中に入り込んだような・・
素直にうれしいheart

           つづく

|

2013年7月22日 (月)

初めての北アルプス 其の1(新穂高~わさび平小屋)

7月20日(土)
山歩きをはじめてそろそろ3年目になります。憧れの北アルプス 山男のモアさんにガイドをお願いして連れて行ってもらいました。
引率されるメンバーは、P嬢・よっぴーさん・ゆきママの3人です。
出発は京都 四条烏丸を19日の22時に出発  20日早朝に穂高到着の予定です。
1 Photo 2
夜中の高速道路    ひるがの高原SAで仮眠    平湯温泉経由
3 4 5
新穂高ロープウェイの付近の無料駐車場に車を停めてここから出発です。
車中泊のため、ちょっと体のだるさは残るものの、きれいな景色と好天の清清しさに疲れなんかどこかへ行っちゃいました。
お車提供はよっぴーさん 広い車内で快適に過せました。
一晩中運転していただいたモアさん ありがとうございました。
お陰でゆきママはゲンキはつらつです(笑)
登山口のゲートのところで、登山届けを提出。
本日のコースは新穂高から鏡平山荘まで・・・明日は弓折岳 上手くいけば黒百合ベンチまで・・・の、予定です。
Photo_2 Photo_3 3_2
登山口から長い長い林道歩きが続きます。歩きながら、関西では見ることのできないような山の様子を楽しみます。登山開始は6時30分ごろ?ヒンヤリとした空気の筈ですが、歩いているとやっぱり暑いsweat01
林道の途中、「お助け風」なるものが・・・
岩の間から超冷たい風が吹いてくる  天然のクーラーです
冷蔵庫の扉を開けたとき、ヒヤ~ンと冷たい空気が流れ出してくる そんな感じです
きっと、この岩の中には雪渓が詰まってるんでしょうね~
時折、そんな冷たい空気に励まされつつ、林道で小休憩
Photo_5 Photo_6 Photo_7
大樹に巻きつく白い花・・きれいですね~
森林浴を楽しみながら、わさび平小屋に到着
冷たい清水の中に浮かべたフルーツや野菜たち これがここの名物らしいです。
良く冷えててとってもおいしそう
下山の時もここを通るので、帰りに頂く事にします。
9_2
まだまだ、この辺りでは疲れは感じておりませんnote  私達(笑)
このおみ足で、鏡平山荘を目指します。

                 つづく

|

2013年7月15日 (月)

三重県ツー(鰻&関宿)

7月15日(月・祝)
今日はクラブのツーリングで三重県へ・・・
三重県の鰻ちゃんがとってもおいしいってこと、クラブのツーリングで教えてもらうまで知りませんでした。今まで何度も企画があったんだけど、なかなかお休み調整が上手くいかなくって食べ損ねてばかりでした。
今回はバッチリお休み~
ただね・・・ここ数日天気予報曰く・・非常に大気が不安定な状況
昨日もゲリラ豪雨 雷落ちまくり みたいなお天気が続いててちょっと心配でした。

朝起きると、お天気は「どよよ~ん」  今にも降りだしそうな空模様でした。
自宅出発は午前7時JUST  この時点ではまだ降ってない
京都人集合場所は自宅から30分程度の所にあるコンビニ
集合時間までに到着したけど、到着したとたんに雨が降り出しちゃったweep

最近雨にたたられていず、雨女脱皮 と、思っていたのにパワー復活?
フルカッパ状態で最終集合地点 三重県の大内SAへ・・・

京都から脱出するまで雨は降り続きましたが、三重県にはいると天気は回復
やっぱり雨女は返上です(笑)
Photo Photo_2 Photo_3
大内SA無事到着~ やっとカッパを脱ぐことが出来ました。
本日の参加台数は7台  みんなここにたどり着くまでに雨にやられちゃいました。
そろった所で、ちょっと早めのランチへ移動  開店は11時
10時30分には到着  お店が開くのを待ちます。
お久しぶりの鰻ちゃん  ちょっと量が多いかなって思ったけど・・・思っただけでした
難なく完食~   
こっくり・まったり・さっくり・表現がいまいちですが、おいしかったhappy01
Photo_7 1 Photo_8
お腹一杯になったところで、宿場町の散策へ移動
東海道五十三次(写真:東が切れてるsweat01)の第47番  関宿です。
奈良井宿なんかと比べるとだいぶんスケールは小さいけど、古い町並みは結構保存されています。レトロ感満載です。右の写真は薬局のショーウインドウ
のんびりと散策し、伊賀コリドールロードを楽しんだのち、朝に集合した大内SAへ戻ってきました。

本日のツーリングはここで解散
帰る方向のお空はちょっとドンヨリしてるような・・・
でも、雨は降ることなく帰宅できました。
雨には降られたけど、この季節 雨もまた気持ちよいかなって思えたツーリングでした。

帰宅は17時20分ごろ   走行距離295kmでした。



|

2013年7月13日 (土)

私の登山アイテム

近々、北アルプス登山に行ってきます。
初めてのアルプス  しかも、山小屋宿泊
いつも低山日帰りなんだけど、今度はちょっと装備が違います。
バタバタと準備をして、ササッと出かける山行きスタイルではダメなので
時間のあるときにザックの中身を揃えてみました。

Photo
テーブルいっぱいに広がってしまいました。
これ、本当にザックに入るんだろうか????
入ったところで背負えるんだろうか????
当日着ていく服も一緒に準備しちゃった・・・これは避けといて、とりあえずザックに詰め込んでみました。
ザックの容量は30リットル
     downwardleft
おそろしや~ 登山用ザック・・・ぜんぶ入っちゃいました。
当日身につけるものは別
重さを計ってみると・・・7kg
水分は入ってないので、当日水分を入れて計算すると・・・8.5kg
      downwardleft
背負ってみると・・・鎖骨 痛いんですけど・・・crying
体が後ろに引っ張られんですけど・・・crying

なんか、不安になってきました。あとは神頼み  雨降らんといてね~

|

2013年7月 8日 (月)

集う日・・佐用町

毎月第1日曜日の恒例行事(ツーリングクラブ)の集いの日
今月は兵庫県佐用郡佐用町にある道の駅「ひらふく」でした。
今回はゆきママのお友達も誘っての参加です。
Photo Photo_2 3
いつになく女子率の高いツーリングになりました~
Photo_3 Photo_4 Photo_5
ひらふくは宮元武蔵の出生の地だそうで、宿場町でもあるそうです。
道の駅の近くにある宿場町を散策  
続々とクラブの方たちのバイクが集まり始め、最終的には24台のバイクが集合しました。 毎度~の方や、お久~の方 たくさん集まりました。
でも、毎度~の1名が・・・・ 出発直前にバッテリーの不調でまだ到着できていません。大丈夫かな~・・・
Photo_6 Photo_7 Photo_8
お昼ごはんへ移動する直前に転がり込むように、毎度~のP嬢 到着~happy01
これで本日のクラブのツーリング参加者は女子5名 
かなりの女子率?になりました。
皆揃ったので、お昼ご飯へ大移動
佐用町の名物と言えば,ホルモン焼きうどん 本日は「春ちゃん」です。
24名分の焼きうどんを黙々と作るお店の方・・スゴイネ
おなかいっっぱいになるまで食べました。それでも全部食べきれず・・・
お腹がパンパンの状態で佐用町の名物の一つ「ひまわり畑」へ・・

佐用町にはいくつものひまわり畑があるんだけど、クラブの運営委員さんが、一番早く開花している畑を探してくれて連れて行ってくれました。(感謝)
Photo_10 Photo_11 Photo_12
ひまわり・・・ちょっとずつ ズ~ムアップ!
Photo_13 Photo_14 Photo_15
ひまわりって、こんな風に花が開いていくんだ~
あっ・・S軍曹がひまわりに食べられてる(笑)
ゆきママ記念撮影

5分咲きとはいえ、しっかり見ごたえがありました。きれいだね~
クラブの集いはここで解散  その後、古民家カフェへかき氷を食べに移動

なんか、変わったカフェのようで・・情報がとっても少なく、場所の特定がなかなか出来なかったけど、クラブの運営委員さんが頑張って見つけてくれました。
Photo_16 Photo_17 Photo_18
一見、普通の民家のようで・・看板とか出ていないのでうっかり見落として通過してしまいました。店内は・・・見ごたえのある骨董屋さんのよう
Photo_19 Photo_20 Photo_21
いろんなお面が飾ってありました。
Photo_22 Photo_23 Photo_24
かき氷を食べつつのんびりしていると、雷を伴ったすごい大雨・・・
縁側に座り雨にぬれるお庭を眺めつつ、なんか昔(自分の子供の頃)に戻ったような気分になりました。カフェにはクーラーはありません。
レトロな扇風機から送られてくる風に当たりながら涼みます。
なかなか止まない雨・・・
Photo_25 Photo_26 Photo_27
雨宿りの間、店主さんから面白いものを見せていただきました。
はじめてみる二眼レフカメラ・・  ライカのカメラ・・・
二眼レフカメラ メッチャ面白そうなんだけど・・こんなんで写真撮ってみたいな~
しばらくカメラの話で盛り上がっていると・・・ふと見ると・・・みんな寝てる~(笑)

あの~・・ここ、カフェなんですけど・・・(苦笑)
まるで、田舎の実家に里帰りでもしたような、そんな気分になれるカフェでした。

小一時間 くつろがせていただきました。
店主さん ありがとうございました。また、あそびにいきま~す。

本日の走行 385km   良く走りました。full 

|

2013年7月 2日 (火)

ニッコウキスゲ満開・・・夜叉ヶ池

6月29日(土) 今年で3度目の夜叉ヶ池
2年連続雨にたたられたり、土砂崩れで断念したりで、なかなかニッコウキスゲに出会うことが出来ませんでした。でもね、今年は大成功!
この日は7人で登山です。お天気も良く快適な登山日よりでした。

バイクでハイクも良いけど、ちょっと距離が遠すぎるので車で登山口まで・・・
ジムニー君は入院中なので、代車での参加でした。
クネクネ道を走り登山口に到着
Photo Photo_2
本日私の助手席に乗っていたP嬢・・・車酔いでダウン
運転 荒っぽかったかしら・・・反省
少し休憩をしてP嬢も回復  案内板の左側から登山スタートです
Photo_3 Photo_4
登山道はきれいに整備されていて安心この上ない感じ
お花もたくさん咲いています。昨年、一昨年と同じ登山道を歩いてますが、訪れる時期が数週間違うだけで、山の様子は大きく違います。
今年は花盛りheart04
本日の登山メンバーと集合写真です。
Photo_5 Photo_6
もしかして、出会えるかな~とかすかに期待していたリンギョウソウ?
下を向いているのでちょっと上を向いて頂いて撮影・・・目玉親父?(苦笑)
Photo_7 Photo_8
ササユリも発見!            夜叉壁を上る風景
Photo_9 Photo_10
ずっとお会いしたかったニッコウキスゲ    やっと会えました~happy01
この時期の登山は良いですね~  いろんな花が咲き乱れています。
名前の分からない花も盛りだくさん・・・・
Photo_12 Photo_13 Photo_14
Photo_15 Photo_16 Photo_17
まだまだたくさんのお花が咲いていました  写真はほんの一部
Photo_18 Photo_19
池の付近(岐阜県と福井県の境の尾根の辺り) 岐阜県側の斜面はお花畑状態
夜叉ヶ池の周囲もお花がたくさん   
モリアオガエルの卵もたくさんあったよ
今年は泳ぐ夜叉ゲンゴロウも見れました。あまりに動きがすばやく、写真は断念
池を眺めながらお昼ご飯を食べて、下山です。
Photo_20 Photo_21
夜叉壁を下りる風景  結構混雑してます。
下山後、恒例の温泉タイム   道の駅「ほしのふるさと藤橋」で汗を流し、
椎茸コロッケを頂く予定でしたが・・・店じまいされてしまいましたdown 残念
おなかもすいていたので、どこかで、おいしいもの食べよう と意見は一致

どこで何を食べるか決まらないまま京都を目指して車を走らせます。
今回ご一緒していただいた方に案内していただいて、滋賀県の「美松」へ・・
Photo_22

なかなか良い感じのお店ですが・・・
予約をしていなかったので、2時間待ち・・
待てないsweat01








Photo_24 Photo_25 Photo_26
美松は諦めて、民家の中にある ちっちゃなお店「ナチュール」へ
こじんまりとした可愛いレストランです
お値段も良心的でした。ゆきママチョイスは冷麺&スイーツのセット
1300円だったけ??  おいしかったです。

登山して・・ 温泉入って・・ ご飯食べて・・
帰宅は21時過ぎてたけど、大満足でした~full  

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »