« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

プチトレで伏見稲荷大社へ

6月24日(月) 毎度、平日お休みです
近々、私にとっては毎年恒例の、夜叉ヶ池登山が近づきました。
でもね、梅雨時だし、最近雨ばっかりで体がなまっちゃってます。ちょっとは歩かなきゃという事で、平日でも人が多くて、近場で、短時間で、楽しくトレーニングが出来たらいいなと(かなり欲張り)思い、観光名所定番の「伏見稲荷大社」へ行ってきました。
Photo Photo_2
千本鳥居  右に進むか・・・左に進むか・・・なんとな~く右を選択
朱色がまぶしくて目が・・・なんだか平衡感覚もおかしくなりそうな感じですが・・(笑)

観光客の半数以上は外国人な感じです。飛び交う異国の言葉・・・
英語 フランス語 イタリア語 中国語etc  すごい国際色豊かな伏見稲荷
そして修学旅行生が盛りだくさん
Photo_3 Photo_4
願い事の書かれた絵馬も、ここは馬ではなく狐さん いろいろ顔が違うのね~
Photo_5 Photo_6
手水の龍さん  右の龍さんはまだ新しいですが、左の龍さんの方が顔が怖いcoldsweats01
Photo_7 K
眼力社                   腰神不動明王
眼力社の手水・・・空飛ぶ狐さんみたいですね
腰神不動明王・・・足腰丈夫でありますように(願) お線香あげちゃいましたhappy01
Photo Photo_2
たくさんの階段を上りました。連続する鳥居のお陰で、思ったより涼しくトレーニングが出来ました。
と、言ってもとりあえず山頂に到着程度のトレーニングでしたが(苦笑)

帰りに見かけた可愛いにゃんこちゃん  石碑の間からこちらの様子を伺っていました。恥ずかしがり屋なのね・・

伏見稲荷大社は駐車場代無料でした~
拝観料(入山料?)無料でした~
プチトレーニングするには良い場所でしたfull

|

2013年6月19日 (水)

雨の日のお楽しみ

今日(6月19日 水)は、ゆきママはお仕事がお休みで~す
でも、本格的な雨日和
何しよっかな~・・・
いつも出歩いてばかりなので、たまには家でおとなしく・・coldsweats01

こんな事をしてみました~
Photo
新聞の切り抜き
スクラップブックを作るんじゃないんだな~
上手ではありませんが、しっかり手作り感あるでしょ?
Photo_2
暑中見舞い用の絵葉書を手作りしてました
新聞の切抜きを適当にちぎって、はがきに貼り付けてみました
そう、新聞のちぎり絵で~す。

|

2013年6月15日 (土)

花の寺「三室戸寺」へ

6月13日(木) この日は職場の同僚とお出かけしてきました。
「ランチしませんか~?」のお誘いメール
特に予定のなかったゆきママ 「うん!行く!」

せっかくの休日にランチだけでは勿体無いので、梅雨時のお出かけスポット「三室戸寺」へ行ってきました。
あじさい寺とも呼ばれている結構有名な場所です。
事前に調べると、あじさいはまだ五部咲き程度 しかも、超晴れマーク

あじさいは雨にぬれてるほうがきれいなんだけどね~
1 2
三室戸寺散策の前にランチです。
「伊藤久右衛門」というお茶カフェでランチ~
季節限定のあじさいパフェ 気になってましたが800円を越えるお値段
お腹は満たされないので、ざるそばセットを注文
お蕎麦はさすが宇治ですね~ 茶そばです。
なんとも・・お上品なお味でございました。
3 4
三室戸寺  平日なのにたくさんの観光客が・・
そういえばこの日の朝刊にここが載ってたな~
あじさいと並んで蓮の花も有名なんだけど、やはりまだ蓮の花は蕾でした。
蓮の花が開く瞬間が見てみたいな~ 
開く瞬間に「ぽんっ」と音がするとかしないとか・・・
5 6
狛牛さん  牛さんの口の中の珠をなでると、勝運がつくらしい・・
ゆきママ 撫でまくり~(笑)
7 8
狛兎さん  ウサギさんの持っている珠の中にある卵を立てると、足腰が丈夫になるらしい・・  ゆきママ、しっかり立てました~
バイクにハイクに頑張らなくちゃいけませんもの・・足腰丈夫にしなくちゃね
9_2 10 11 12
13 14 15 16
いろんな種類のあじさいが咲いていました。
杉木立の中に咲いているので、ちょっと涼しくあじさい観賞する事ができました。でも、本日の気温は35℃越え  さすがにあじさいも辛かろう・・
日当たりの良い場所で咲いているあじさいは、ぐったりしてました。
梅雨時だというのに、雨は降りませんね~
梅雨はどこへ行っちゃったの?
17 18 19
三室戸寺のあと、伏見の酒蔵見学へ・・
宇治とか伏見とか、京都に住んでいながら足を踏み入れたことが殆んどない状態で・・coldsweats01  ジムニー君のナビに頼ってきてみました。
22 25 26
だけど残念  到着した頃はすでに閉館していました
時間は17時  どこもかしこも・・・閉まってる~
行動開始したのは午後からだったしね~仕方ないか  伏見に寄ったのも思い付きでしたから・・・改めて出直すことにします
最後の写真は無料で名水がいただける場所 お酒を仕込む水のようです
ペットボトルも持参すればよかった

宇治 伏見方面 なかなか新鮮でした。
今度、伏見稲荷大社にも行ってみたいな~





|

2013年6月12日 (水)

嗚呼・・・大泣き

6月11日の事です
この日は仕事でした。(夜勤)
16時30分からのスタートですが、1時間程早めに出勤
ところが、職場の駐車場が満車で、仕方なく別の駐車場へ・・・これが大きな間違いでしたdown
建物の下の砂利が敷き詰められたスペースで狭く、コンクリートの柱とかもあって、駐車するには注意が必要な場所
まあ、その認識はあったので注意して侵入


ところがですよ・・・思った以上に砂利は深く、車は動けない状態に・・
こんな時にはジムニー君 4駆ですよ
4駆に切り替えて砂利からの脱出を図りました。

無事成功!と思ったのもつかの間、脱出した瞬間に「
ゴンッ
と、大きな音が・・・  やっちまったcrying
バックモニターとミラーには注意しつつ、柱にぶつからないようにしていたのですが・・・そこではなく・・・

建物の梁の部分が思った以上に低い位置で・・・この状態
仕事始めにかなりのテンション下落
1 2
今日、自宅から一番近い「カーコンビニクラブ」へ行ってきて、修理の見積もりをしていただきました。
な・な・なんと・・・12万円?  わが耳を疑ってしまいました。
ちょっと違う修理工場へ聞いてみます。

あ~  超ブルーです weep

|

2013年6月 3日 (月)

集いの日 龍神スカイライン

6月2日(日曜)
恒例 月に1度のクラブの集いの日  今月は和歌山県の道の駅「しみず」
クラブの掲示板に案内が表示されたとき、「遠いな~」でした。でも、梅雨の一休み 雨マークは消えてるし・・「参加sign01」してきました。

和歌山の道の駅「しみず」は有田市の山奥 奈良県と和歌山県の境ぐらいです。
片道3時間はかかるね・・・sweat02 早起きして奈良県通過で参加しようかと考えましたが、結果・・早起きできませんでしたcoldsweats01

なので、高速道路利用・・・なぜかというと・・・道に迷っている暇が無いから・・・
集合は11時まで  ちょっとあせります
ドタバタと用意をして自宅出発は7時20分
Photo Photo_3
京都から岸和田まで走ってちょっと休憩
ここまで約100km 時間的にもなんとかなりそう  それにしても、なんで岸和田で伊勢名物の「赤福」売ってるうだろうcoldsweats01
Photo_4 Photo_5
岸和田から有田で高速を降りると、信号停止でクラブの方、発見sign03
集いの日に集うのは参加表明は無く、行ってみないと誰がきているのかわからないという、ややミステリーなところがあり、最悪、一人ぼっちってこともあるのよね(苦笑)
でも、見つけました~heart04  ここから一緒に目的地まで走ります。

そして、道の駅「しみず」の手前の「あらぎ島」で休憩
あらぎ島の棚田も見学~(此処の景色も見たかったのよね~)出来れば、田植え終了していて欲しかったけど・・
Photo_6 Honda
目的地に到着すると、すでに5台が到着していました。本日の集い参加台数は7台
道の駅ではHONDA DREAMのイベントが・・・ 本日の参加バイクはどういうことか、1台もHONDA車はありません  なんとなく場違い的な雰囲気も感じつつ、皆で談笑
11時10分には此処から龍神スカイラインを目指して移動です。
Photo_7 Photo_8
高野山到着 大門・・迫力ですね~・・デカイ・・  
お昼ごはんは高野山の食堂で・・・
ゆきママチョイスは天丼  普段あんまり揚げ物をしないから、食べたくなって・・・
カロリーも気にせずいただきました。満腹です
Photo_9 Photo_10
ごまさんスカイタワーで休憩 山がきれいですね~  ここらあたりの標高は1000mぐらい
空気も少しひんやりした感じですが、寒くは無かったです。丁度よい気候good
右写真は全員ではありませんが、本日ご一緒いただいたクラブメンバーの皆さん

今日の龍神スカイラインは日曜なのにとても空いてて、とっても気持ちよく走れました。
バイクも少なかったです。龍神スカイラインはごまさんスカイタワーで折り返し、高野山大門のところから、奈良県へ抜けて帰宅しました。

出発 7時20分  帰宅 18時45分
走行距離  430km   よ~がんばったfull












|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »