« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

福井県 青葉山(ツーリング&ハイキング)

5月27日(月曜) またまた平日のお休み
先週の葛城山から1週間もたってないけど、明日から雨が数日連続するらしく・・もしかして梅雨入り?
そんなこんなで、ちょっとハードかな?って思ったけど、行ってきました~happy01

ルートは京都→R162(美山経由)→福井県(名田庄経由)→r16→R27→r21で高浜まで・・  高浜の青葉青少年旅行村からの青葉山登山です。
Map Map_2
MAPはこんな感じ  
Photo Photo_2
登山口です  Ninはここの道路わきに駐車coldsweats01
Photo_3 Photo_4
歩き始めるとすぐに竹林 笹の葉がたくさん落ちていて滑ります。
そのうち、階段の連続・・・sweat02 でも、階段の段差は小さく、小刻みな階段なので、意外と足には負担が少なかったように思います。でも・・・しんどい(苦笑)
Photo_5 Photo_6
苔の生えた岩と巨木の根っこ
釈迦の花の群生(もう大分時期が過ぎています。ピークの頃はきれいだろうな~)
Photo_7 Photo_8
展望台です   ここから見える若狭湾  ちょっとかすんでいるのが残念think
Photo_9 Photo_10
展望台から少し上ると、小さな神社
ここでカップルが休憩中だったので、通り過ぎてから撮影(苦笑)
ここを過ぎるとブナ林  
Photo_11 Photo_12
展望が開けてきました。ちょっと岩場です。ここから見える高浜町の農村集落
Photo_13 Photo_14
2つ目の神社に到着  ここが東峯の山頂
Photo_15 Photo_16
岩にかけられたはしご・・・殆んど垂直です
足を滑らせないように慎重に・・・
Photo_17
岩場をロープ伝いに・・・けっこうワイルドですが、距離は短いです。
雨の日にはトライしたくないですねcoldsweats01
Photo_18 Photo_19
やっと到着~ 西峯の山頂です。ここからの眺望は絶景up

Photo_20 Photo_21
ここから見た風景  1枚の写真に納まりません
山頂から左側の眺め         山頂から右側の眺め

今日は平日で訪れている人は少なめでしたが、それでも合計10人ぐらいとはすれ違いました。
登山開始は11時15分  ここに到着できたのは13時15分(2時間かかりました)

ここでお昼ご飯の予定だったけど、高浜についてからちょっと小腹が空きまして・・
コンビニでアンパン(ちいさいの)5個入りを購入(苦笑)
あろうことか、3個も食べちゃったcoldsweats01  なので、お弁当持ってきたのに、お腹がいっぱいで・・・  写真を撮ったり休憩したりで30分滞在
下山開始は13時45分
下山できたのは15時  やっぱ、下りははやいですね~
Nin Photo_22
Ninと登山口  記念撮影です
下山の途中からお腹が空いてきて、展望台でお弁当を食べようと目論んでいたけど
先客がいました(残念)
身支度を整え、Ninと帰路についたのは15時15分

r21からR27へ合流しようとした時・・・・ストックとカメラとタオルとグローブを案内板の所へ忘れてきた事に気付きましたcrying
後戻り~    ありました・・(ほっcoldsweats01

R27を走っている途中の海岸でランチタイム
Photo_23
上の写真は海岸から見た青葉山です。
この風景をながめつついただきました。
青葉山は福井県側から見ると、きれいな三角形
若狭富士です

先月、和知の「長老ヶ岳」の山頂から見えた若葉山は西峰と東峯が連なって見えるので、お山が2つに見えます。


Ninr

帰りは来た道をひたすら帰ります。
本日、初めて走ったr16  
これがまた、とってもナイスな道でした。
路面もGoodsign01  カーブもGoodsign01
またゆっくり走りに来てみたいです


恒例ですが・・・本日であった可愛いお花たち
Photo_24 Photo_25 Photo_26
Photo_27 Photo_28 Photo_29
Photo_30 Photo_31 Photo_32
Nin_2
高浜を出発してから美山まで一気に走り休憩です。
どこにでも連れて行ってくれるNin君 アリガトね~

本日の走行203km  自宅出発 8時30分  帰宅 17時30分でした。

|

2013年5月22日 (水)

大和葛城山(ツーリング&ハイク)濃い~一日

5月22日(水) 毎度、平日休み~
カッパ出動0%の晴天sun 昨日TVのニュースで葛城山のツツジの映像が流れていました。4月辺りから行って見たいな~と思っていたこともあり、21日の夜になって、スイッチが入ってしまいました。

バイクにも乗りたい! 山歩きもしたい! めっちゃ欲張りですが・・決行ですsign01

午前5時45分起床  洗濯 お掃除 みんなの朝ごはんの準備  とりあえず完成させて自宅出発は7時45分

ルートは京奈和自動車道→橿原バイパス→大和高田バイパス→葛城市→御所市
葛城山のロープウェイ乗り場に到着したのは10時20分
葛城山のロープウェイ乗り場に続く道は車の長蛇の列sweat01
すみません 反対車線 走らせていただきました。
Nin Photo
ロープウェイを利用すれば山頂まで7分程度  でもね、頑張って歩きましたのよnote
Photo_2 Map
ロープウェイ乗り場の横道を上っていくと、登山口があります。
MAPは右写真
登山コースは2通り  ん~っ どっちで行こうかな~
Photo_3 Photo_4
 櫛羅コース               北尾根コース
迷うことなく櫛羅コースを選択coldsweats01  北尾根コース・・・のっけからもの凄い急斜面
Photo_5 Photo_6
櫛羅コースを登り始めてすぐ、櫛羅の滝があります。
滝のそばはヒンヤリ気持ちいい~ 
今日は真夏日  マイナスイオンを浴びながらしばらく涼みます
Photo_7 Photo_8 Photo_9
ロープウェイの下をくぐり、ひたすら上ります。階段がたくさん・・・試練だsweat02
階段の段差は大きく、けっこう短時間で足の筋肉が張ってきます。
今日は「お一人様ご案内」状態だったので、マイペースで上ります。
呼吸を整える程度の休憩を小まめに取りつつ・・
そして、ついに・・・しんどい後の素敵なごほうび~shine
Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13
一目百万本のキャッチフレーズ  葛城山の斜面が真っ赤に染まっていますheart
あまりにお天気が良くてまぶしいです。
でも、ツツジの見ごろ ピークはちょっとすぎてしまった感じです。所々、茶色くなった部分も多いです。まだ、ピチピチしてそうなツツジをバックに二上山を撮影camera
Photo_14 Photo_16
ツツジの散策も終え、山頂に行ってきました。
今日は平日だというのに、もの凄い観光客  ロープウェイは1時間待ちの大賑わいでした。ツツジ園も山頂も・・人がいっぱい

登山開始は10時45分  ツツジ園到着は12時30分
1時間程休憩して、下山です。またまた・・ん~っ どうしようかな~?
歩くか?ロープウェイ利用するか?

Photo_17 Photo_18
下山開始は13時30分  時間的に余裕あり・・
ちょっと頑張って北尾根コース(ダイヤモンドトレール)で帰ります。
なかなか素敵な登山道です。所々にツツジもあり、木陰もたくさん
それなのに 人通り少ないな~
Photo_19 Photo_20
下山を開始して人通りが少ないことに納得・・・距離が長い上に、かなり急斜面
しかも、土が主体ですべります。転げ落ちそうですよsweat01
慎重に下山  下りも終盤に近づき、見えてきた御所市
Photo_21 Photo_23 Photo_24 Photo_25
Photo_26 Photo_27 Photo_28 Photo_29
本日であったかわいいお花たちで~すheart04
下山は時刻は15時00分  ちょっと休憩して葛城山を出発したのは15時30分
バイクでザックを背負ってツーリングしたので、帰りはしんどかった~

自宅出発:7時45分  帰宅17時45分
走行距離:170km

濃い~ 一日が終了しました。 また明日から、お仕事頑張りま~すscissors

|

2013年5月20日 (月)

京都東山散策

5月19日 日曜日のお話です
実はこの日、所属クラブのツーリングの予定でした。私は勤務を調整してしっかり休みを確保 そして土曜日にはバイクも洗って準備万端にしていました。
なのに・・・なのに・・・雨
せっかくのお休み  何とか有意義に過したい
と、まあ そんな具合で、お出かけ~  

京都に住むようになってから20年
いつでも行けるし・・・そんな思いもあって京都の名所に足を運ぶ事はあまりなかったのですが、京都観光の中心部へ出かけてきました。

珍しくバスを乗り継いで、東山三条で下車
界隈をうろうろ・・・

Photo Photo_2
民家の中を歩いていると・・「明智光秀」の文字が・・・
小さな路地 学生アパートや長屋風の民家が連なっている片隅に、明智光秀の首塚? 歴史に名の残る方たちの塚や墓など、思わぬところにあるんですね~
一般市民の生活の場の中に溶け込むように、自然に存在している所なんか、全く京都らしくていいじゃないですかconfident

Photo_3 Photo_4
本日の散策目的の一つ  青蓮院のクスノキ
雨が降ると、きっと若葉が映えて、苔も光ってさぞ美しいだろうと・・・
それにしても、見事な枝っぷりですね~  精霊が宿っていそうです
散策を始めたのは午前10時30分頃から  まだ雨は降ってません

Photo_9 Photo_11
クスノキで癒された後は、知恩院  ここも超有名な観光スポット
浄土宗の本山  かなりご立派  境内まで行ってみようと階段をぼちぼち登っていると・・老夫婦が寄り添うように登って行ってました。なんか・・ほのぼの・・


Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8
石塀小路  大正時代に作られたらしいですが、なかなか風情のある通りです。高台寺からも行けます。下川原通りから入っていきましたが、あまりにも入り口が小さすぎて通り過ぎるところでした。喫茶店とかお宿とか目立たない感じで所々にあります。石塀小路から高台寺へ抜けてみます。

Photo_12 Photo_13
高台寺から見る二年坂        五重塔と京都タワー

Photo_14 Photo_15
高台寺で見かけた舞妓さん
「あっ・・舞妓さんだ~」と思い思わずシャッター・・ が、しかし・・・手前の舞妓さんはカメラを手に・・・向こうの舞妓さんはスマートフォンを手に・・・
・・・観光客やった・・・そりゃそうよね、舞子さんは高台寺にはいませんね
舞子さんのいる所は花街  それにしても、見事に変身ですね~
石塀小路から南禅寺へ向かう途中からついに雨が降り出しました。
右写真は平安神宮

Photo_16 Photo_17
南禅寺へ向かう途中 橋の上から蹴上水力発電所(旧)を眺めつつ、南禅寺で一休み  けっこうウロウロ歩いたから足の裏が痛い
南禅寺でお庭を眺めつつ一休み    かわいらしい鬼瓦
雨は降り続いています。  そろそろ帰りますか・・・

Photo_18 Photo_19
本日の締めくくりとして立ち寄る予定だった喫茶店「ことばのはおと」
コーヒーをいただきながら眺める雨の日の庭は、なかなか良いという噂で・・・

が、しかし・・・満席  空席待ちのお客さんも・・・どれぐらい待ってるのか尋ねると
30~40分 これではいつ入店出来るか分からないし・・・左写真でわかるかな~
けっこう雨も降ってます。  

ここは又次回に・・という事で、またバスに乗って帰宅しました。

なかなか足の向かない東山でしたが、楽しく京都観光が出来ましたhappy01

 

|

2013年5月16日 (木)

大田神社&三千院

5月16日(木)
今日は、ゆきちゃんが学校が
午前中までだったので、帰宅してから一緒に遊びに行ってきたよhappy01
お母さんはお弁当を作って待っていました。

Photo Photo_2
大田神社 上賀茂神社からちょっと東へ歩いていった所にあります。
今日は平日なので訪れている方たちの平均年齢はけっこう高いcoldsweats01
右の写真は本殿

Photo_3 Photo_4
大田神社のカキツバタ  満開だけど、ちょっとピークは過ぎた感じ
強制ではありませんが今後の保存のために、協力金300円の立て札が・・
ちょっと高いな~ と思いつつ・・・でも、2人分払っちゃいました。

Photo_5 Photo_7
大田神社の本殿のわきから「大田の小径」へ・・・
ちょっとした登山道、行きたがらないゆきちゃんを誘って登ってみる。
途中からブーイング・・・ 山頂までは1kmもなかったけど、お母さんだけ山頂へ・・
ゆきちゃんは途中まで、下山はすばやいゆきちゃんcoldsweats01
大田神社のあと、三千院へ

Photo_8 Photo_9
三千院の門跡  あれ?ゆきちゃんは?
だんご屋さんの前で待ってました。  1串200円  高いね~

Photo_11 Photo_12
おだんごを食べるゆきちゃん   番傘・・部屋に飾りたいとねだられました
Photo_13 Photo_15
今日のお天気は昨日とは違って、風も強く、小雨も混じって・・ちょっと寒い
お弁当は車の中で食べました。
お昼ごはんというより、おやつの時間ですがcoldsweats01
大原の里の駅に立ち寄って京野菜を購入
ついでに、可愛かったからクッキーをゆきちゃんへプレゼントheart04
久しぶりのゆきちゃんとお出かけでした。


|

2013年5月13日 (月)

びわこバレイ散策(ちょっとだけ蓬莱山)

  5月12日(日曜)
本来だったら、11日にキャンプをして、12日は福井県の青葉山登山の予定でした。
でも11日の雨で中止
ぽっかりと明いた日曜日 しかも天気予報では日曜日は大きな晴れマークsun
これは・・・絶好のアウトドア日和

と、言う事で急遽お出かけ
前夜に突然メール攻撃された方も中にはいますが・・・スミマセン
男子2名 女子5名で びわこバレイに水仙のお花畑を見に行く事になりました。

のんびりいこう~shoe 行きも帰りもロープウェイ使っちゃおうnote
お気楽ピクニックのつもりでびわこバレイ到着
Photo Photo_2 Photo_3
ロープウェイを降りると、一面の水仙がお出迎え
おぉ~! お山の斜面が黄色い
たくさんの方が訪れてますね~    お花畑の中で集合写真(ゆきママ撮影)
Photo_4 Photo_5 Photo_6
水仙畑を越え、蓬莱山のほうへ足を進めます。
蓬莱山山頂には「彼岸の鐘」「お地蔵さん」「三角点」があります。
Photo_7 Photo_8 Photo_9
蓬莱山の標高1170,2m  今日はロープウェイで山頂まで超ラクチンだったけど
今度は蓬莱山 登ってみようっと♪
蓬莱山にある小女郎ヶ池へと足を進めます。隈笹の中を歩きます。
Photo_10 Photo_12 Photo_13
小女郎ヶ池 到着
小女郎ヶ池までの道はなかなか楽しい道です。隈笹ののなかにまだ咲いていないドウダンつつじがたくさん! 花が咲いたらきれいでしょうね~
そして・・・オドロキの美女軍団・・・紫外線との戦いが大変だ~
しかし・・・見ようによっては、アルカイダ?(笑)
ハイキングしている方にお願いして、本日に参加者みんなで記念撮影~
Photo_14 Photo_16
小女郎ヶ池からまた、ロープウェイ乗り場を目指して後戻り
途中の木は曲がった木が多いです。風の強さと言えば、てっきり琵琶湖から吹き上げる風かと思っていたけど、どうも方角が違います。
比良山から吹き降ろしてくる風が強くて、琵琶湖側の方へ曲がっちゃってるようです。
小女郎ヶ池までの下りはスイスイだったけど、帰りの登りは息が弾みますね~
紫外線から顔を守りつつ・・がんばれ~!

Photo_18 Photo_19 Photo_21
ロープウェイ乗り場まで一旦戻り、夫婦滝のほうへ行く事にします。
遊歩コースはガラッと変わります。沢の音を聞きながら木陰の散歩道

Photo_22 Photo_23 Photo_24
と・・思ったら・・けっこう険しいじゃないですか・・・
橋が流されていて綱渡り状態のところがあったり・・
それでも日焼け対策軍団は笑顔笑顔happy01
Photo_25 Photo_26 Photo_27
滝はどこだ~・・・けっこう歩いてますが・・・
ようやく案内板発見  時間的に行く?やめる? 作戦会議です
会議の結果「行く」です(笑)
木々の間から夫婦滝を観賞  正面から見えるところまで行く?やめる?
会議の結果「やめる」です(笑)

ロープウェイの最終便は17時  このときの時刻がもう15時を回っていたのです。
けっこう足早にロープウェイ乗り場を目指します。
ここからが大きな誤算・・私的に・・crying
Photo_28 Photo_29 Photo_31
ロープウェイ乗り場までの最後の急登・・スキーのゲレンデを上ります。
ジャイアントコース・・・別名「心臓破りの坂」
げげげ~sweat01 どんな坂道やねんsweat01  ゆきママ 前グループからどんどん間が開いていきます。  ついていけへ~んdown
ここでこけたら、下まで転がり落ちるな・・(苦笑)

何とか制覇  無事にロープウェイに乗ることが出来、びわこバレイを後にしました。

帰りに水田の棚田に寄り道です
Photo_32 Photo_33 Norasigoto
「畑の棚田」 ここ、好きな場所なんですよね~
5人で寄り道  
棚田に写った5人の影 まるでグリーンのコンサート(笑)・・人数違いますね


 ロープウェイハイキングだと高をくくっていた私・・・反省
けっこうしんどかったよ~  でも、いい汗書きました。
おいしい空気もいっぱい吸って 健康になった気がします(健康ですが・・)
ハイキングご一緒していただいた皆様、とっても楽しい一日をありがとうございました。また遊びに行きましょうねscissors


|

2013年5月10日 (金)

魚谷山(お一人様ご案内~)

5月8日(水)
今日は平日休み  あまりにお天気が良いし・・じっとしていられない~
近場のお山にでも行ってみよう
そろそろクリン草も咲き始めている頃・・・
日帰り・低山専門のゆきママ  Ninをお供に近くのお山「魚谷山」へ出かけました。

「魚谷山」は京都北山のひとつ  
クリン草の群落や山芍薬も見れる場所らしいです。
起点は雲ヶ畑の岩屋橋から・・・
Photo_15 Photo_16 Nin_3
雲ヶ畑を走っていた京都バスは利用率の低さから廃止  現在はもくもくバスなるものが1日に数本走っているようです。
起点は岩屋橋  バス利用だったらここから歩くことになるんだけど、今日はNinがお供なので、バイクでいけるところまで行きます。
写真右でNinはお留守番・・・丁度ここでKLX乗りの青年に会いました。
Ninjaはここから先は「ムリ」の情報  たしかに・・・
Photo_17 Photo_18 Photo_19
しばらく舗装路とはいえ、ひどい荒れ道をてくてく歩いていると、オフ車ライダーが喜びそうな道が連続します。右写真の道を歩き終わると、急に展望が良くなりました。
Photo_20 Photo_21 Photo_22
眺望の良い場所からさらに進むと・・・三叉路に差し掛かります。
「松尾谷」の看板が・・・自分の持っている「魚谷山」の案内図では良く分かりません。 とりあえず、安全そうな広い林道を選択
てくてく・・・テクテク・・・てくテク・・・ずっと下り坂???
なんか・・道 間違ってそうsweat02  おなかもすいてきて、時計を見ると11時55分
ゆきママの腹時計は正確です。 
夕べの残りの焼きそばを食パンにはさみ、焼きそばサンドが今日の昼ご飯
林道脇でこれを食べてから後戻りです。
Photo_23 Photo_24 Photo_25
さっきの三叉路 真ん中の道(一番細くてすごい山道) 良く見るとテープが木に巻いてある。ここかな~・・・ちょっと入ってみると「魚谷山」の看板発見
げげげ! こんな山道に入っていくのか??  所々にまぶしいほどのミツバツツジが咲いていますが・・・木が生い茂っています。
踏み跡はあるものの、心細いな~
数メートル間隔で木にテープが巻いてあるけど・・・まるで、ヘンゼルとグレーテル
なんだかちょっと怖くなってきた~

たぶんこの山道の先にクリン草の群落地があるはず・・・
もしかしたら、山芍薬も見れるかもしれない

でも、・・・・・帰ろう・・・・・・  平日はダメですね  熊に出会ったら大変

でもね・・歩行中に、お目当てのクリン草にはたくさん出合ったんですよheart04
クリン草の群落はまだ先のようだけど、咲いていない所も多かったし・・また今度・・

Photo_26 Photo_27 Photo_28
引き返したぶん時間が余りました。なので、雲ヶ畑の散策をすることにしました。
Nin Photo_3 Photo_4
林道を下って・・Ninちゃん ただいま~  ちゃんと待っててくれました
かなりの安堵感coldsweats01
もみじの緑 とってもきれいでした

Photo_29 Photo_30 Photo_31
洛雲荘        民家のこいのぼり  志明院へ続く道

Photo_33 Photo_34 
Photo_35
志明院です。
椿は樹齢400年 シャクナゲは樹齢100年だそうです
住職の奥様としばし談笑し、拝観してきました。拝観料400円(この季節だけ)
残念なことに、写真撮影できるのはここまで・・・ここで荷物を預けて本堂へ向かいます。  

シャクナゲの一番きれいなときからは少し遅かったようですが、まだまだきれい。
志明院は司馬遼太郎 宮崎駿 などの巨匠が宿泊され、「もののけ姫」の舞台にもなったそうです。

志明院のお庭で見つけたきれいなお花たち
Photo_5 Photo_6 Photo_7
Photo_8 Syaka Photo_9
Photo_10 Photo_11 Photo_12
山芍薬 見れないかと思っっていたけど、志明院で見ることが出来ました。
可憐でかわいらしいお花です   癒されました

平日お休み 満足な一日でした。


|

2013年5月 9日 (木)

餘部鉄橋ツーリング

5月5日 月に一度のお決まりツーーリング(クラブの集いの日)
この日は新しくなった「餘部鉄橋」で集うのです。
京都市内からは約200km  朝早く出かけなくっちゃ・・・
京都市内から集うのは3台
待ち合わせは沓掛ローソン 京都縦貫道の近くです
Photo_28 Photo_29 Photo_30
5月とはいえ、早朝の空気はひんやりsweat01 薄着で出かけたことを後悔
縦貫道には霧がいっぱい  気温は10度以下  さっぶ~sweat02
それでも走っているうちに、時間の経過とともに少しずつ気温は上昇し、福知山市内についた頃には11度になってました。
福知山市内のコンビニ  道の駅「但馬楽座」 で休憩をはさみ、クラブの皆さんとの合流場所の道の駅「村岡ファームガーデン」に到着

京都組みが到着した時には、たくさんのクラブの皆さんがすでに到着していました。
集いの日は特に参加表明なく、来れる人は来てね~ という趣旨
どれだけの人が集まるのか不明だったけど・・・たくさん集まってました。
ここに集合したバイクは17台

ここからいつものように隊列を組み目的地「餘部」までGOsign03 
Photo Photo_2
道の駅「あまるべ」に到着  ここの道の駅 最近出来たみたいです。
けっこうな観光客数  17台のバイク+ここで合流した3台も含め21台
どこに止めたらいいんや~sweat01 駐車場もいっぱいでしたが、何とか駐車し、駅のホームまで軽くハイキング
Photo_3 Photo_4 Photo_5
駅のホームに上っていく途中で見える日本海 道路わきに咲いているお花
Photo_6 Photo_7 Photo_8
新しくなった鉄橋(正確には鉄橋ではないと思う)を電車が走る所を見たい・・・
電車を待つ間、たそがれ?てみたり、ジャンプしてみたり、ちょっと暑苦しくまったりしてみたり・・・(笑)
Photo_9
橋を渡る電車  写真に収めました・・・ちょっと見づらいですね~

ここ餘部は、ゆきママは大好きな場所のひとつで、訪れるのは3度目
2008年・・鉄橋の架け替えが決まって工事着工した時
2011年・・工事が進んで新しい橋と古い橋が並んだ時
2013年・・新しい橋が完成した時
          downwardleftせっかくなので、3パターンの写真をアップ
Photo_10 Photo_11 Photo_12
アングルがそれぞれ違うけど・・・何となく違いは分かりますよねwink
餘部鉄橋も堪能して、帰りは但馬海岸道路を気持ちよく走り城崎で休憩
Photo_13 Photo_14
城崎温泉 ここもすごい人出でした  さすがGWですね
餘部で合流したバイク3台は途中離脱 17台のバイクは城崎温泉街の川縁に駐車
温泉の源泉が吹き出ているところでスイーツ休憩
その後、但東町を抜け福知山で解散でした。

福知山から京都市内まで・・・9号線の渋滞  つかれるわ~
縦貫道なんて恐ろしくて走れない(苦笑)
と、言う事で丹波から山道クネクネ  日吉ダム経由で京北町 京見峠経由で京都市内へ帰りました。

山道は街灯もなくまっくら・・・鹿が飛び出てきたり・・・先導してくださったXJR1300乗りのちゃきさん お疲れ様でした&ありがとうございました。

久しぶりの大所帯ツーリング  楽しかった~note

 

|

2013年5月 8日 (水)

長老ヶ岳へ行ってきたよ

4月28日(日曜)のお話しです。
コンスタントに遊んでいるのですが、なかなかブログアップする時間がなくて、記憶を辿りつつ・・・(苦笑)

京都和知にある長老ヶ岳 地元では「長老さん」と親しまれているようです。
この時期、お山はお花であふれている頃・・・イワカガミ アセビ シャクナゲ・・

この日のお供は「サラちゃん」 二条城で7時30分に待ち合わせ
予定通りサラちゃんをジムニーでピックアップ
Photo Photo_2
丹波から府道51号線を走り、和知の最終集落「仏主」へ到着
道が二手に分かれていて、どっちに行くべきか?と思案中にミニバイクにお花を積んだおばあちゃん登場note ちょっと道を尋ねつつ談笑
おばあちゃんは、「七色の木」のそばにあるお地蔵さんにお花を供えに行くそうです。「七色の木」は私達も訪れる予定  きっと私達が到着した時はおばあちゃんのお花が供えられている筈
ジムニーで山道を上り、展望台まで行き、そこから登山開始(かなり歩行を短縮)
Photo_4 Photo_5
登山道はこんな感じ 柔らかい緑がとっても清清しいです。
途中道が崩れている所も・・・
Photo_6 Photo_7
山頂が近づくと電波塔のある場所に出ます。そこからけっこう急な階段を登って・・
足の筋肉に限界を感じるぅ~sweat02
Photo_9

山頂に到着~
とっても良いお天気で気持ちいいsign01
山頂は風が強いかなって思ったけど、この日は風も穏やかでとってもナイスnote

Photo_10



山頂での休憩は、右写真 満開のアセビの花のそばに決定
ここでお昼ご飯です。
Photo_11 Photo_12 Photo_13
今日のランチは・・ベーグルサンド
材料はザックに入れて持参  ここで作りました。コーヒーもねheart04
クリームチーズと生ハムのサンドですgood
お日様の下で食べるご飯はおいしいね~
Photo_14 Photo_15
下山後、違う谷を歩き、「七色の木」へ到着
「七色の木」は1本のカツラの木にカエデ・カヤ・ケヤキ・スギ・フジ・イロハモミジの木が共生しているそうです。幹周7.35m 樹高11mらしい
そして、「七色の木」のそばにあるお地蔵さん  朝に出合ったおばあちゃんのお花
ちゃんとお供えしてありましたhappy01
Photo_16 Photo_17 Photo_18
「七色の木」のある谷にはきれいな渓流  その奥には「権現の滝」があるそうで、渓流を上流に進んでみることに・・・でも、次第に道はなくなってきて・・・引き返すことにしました。
この日の大きな目的は、きれいなお花を見ること・・七色の木を見ること・・

この日に出合った素敵なお花たち
Photo_19 Photo_20 Photo_21
イワカガミ        ?          アセビ
Photo_22 Photo_23 Photo_24
ミツバツツジ        ?          ?
Photo_26 Photo_27
ミツマタ        シャクナゲ

名前の良く分からないお花もたくさん
シャクナゲは、ここ長老ヶ岳では群落があり、山の斜面がピンク色に染まる という情報があり、とっても楽しみにしていたんだけど、今年はどうも・・・いろんな木が茂りすぎて日当たりが良くないらしくまばらでした。ちょっと残念
でも、イワカガミの群生は素晴らしくいたるところにイワカガミ・・・訪れた時期がちょっとだけ早かったみたいで、標高の低い所だけしか咲いていなかったです。

久しぶりの山歩き  足は疲れたけど気分はスッキリ
お天気にも恵まれ、良い山行きになりました。

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »