« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月26日 (木)

ちょっと鯖街道、周山街道へ

22日は二人共休みでしたが、疲れも溜まっている為に朝はゆっくり寝て、体を慣らす為に昼から鯖街道、周山街道を、かず(Ninja250R)とゆきママ(デイトナ)は走ってきました。Dsc09278 ゆきママはデイトナに少しは慣れたとはいえ、足付きが悪い為にまだまだ小技には自信が無いようです。

更に足付きを良くする為に純正ローシートの角を削る加工をしました。今回はその試走でもありました。

デイトナのシート高830mm。 ローダウンリンクでー40mm。 ローシートでー10mm。 現在数字上は780mm。

ノーマルの250Rが775mm。数字上は5mmしか変わらないのに、見た目にも、跨っても、もっと高い感じがします?

鯖街道~小浜を通過、周山に入り名田庄で休憩していると、偶然にあの 酔いどれ全裸ライダー が・・・(笑) Dsc09280_4  今日は珍しく黒丸の手下達の姿は無く、一人で彦根で何やらを食べた帰り道だったようです。(笑)

Dsc09279_3 ↑「へへへっ~、ここをこんな風にこうしとけば、ゆきママさんは・・・ ヒヒヒッ~」 (^-^;

この後3人で京北町から京見峠を抜け、京都への帰路につきました。 

本日の走行距離約170km。

|

2010年8月19日 (木)

瀞峡(どろきょう)ツーリング

久しぶりにガッツリとソロツーリングしてきましたhappy01 京都から京奈和道を走り天理市、桜井市を経由し上川村に到着Dsc09244

何度来ても良い所です 平日なので交通量も少なく快走出来ました。Dsc09247 大台ケ原へは何度も行った事があるけど、それより先の道を進んだ事が無かったので、ず~っと行ってみたかった。

大台ケ原の入り口の所のトンネルを通過して、道の駅「上北山」で休憩。自宅出発が9時だったので、此処に到着したのが午後1時  家から作って来たおにぎりを食べて30分ほど川を眺めてました。Dsc09251 下北山に到着。山が幾重にも重なり空気が清々しいですDsc09257 下北山から瀞峡に向けてひたすらR169を走り、七色ダム到着 名前がかわいくって、楽しみにしていた場所の一つです。七色という名前の由来は何なのでしょう?ダム周囲の道は細くてクネクネしてるけど、路面はgoodDsc09263 七色ダムを通過し、いよいよ瀞峡へ・・ どんどん谷が深くなってきます。道はとってもいい感じgood ストレスなく走れます。山・川・山・川・・山川豊?ウソウソ・・左側に川、右側に山の環境がず~っと続きます。マイナスイオン大放出Dsc09269 見てsign01絶景です。今日はNinちゃんとお出かけでしたが、デイトナ君とも訪れたいです。Dsc09271 瀞峡を堪能した事だし、ここから先は・・・どうしようか・・・十分元気だし、まだまだ走れそう・・と言う事で、和歌山まで抜けちゃおう(無謀なたくらみ) 

奈良県とお別れして新宮市に突入。新宮市の山道クネクネを快走していると・・・ガーンsweat02 どうしてこんなに私って運が悪いの~Dsc09272 工事のおじさんが立っていて、「引き返して下さい」土砂崩れの予防ネットを張っているので15時45分まで通れません・・らしいsweat01 

ここまで来たのにcrying ここに差し掛かったのは15時 45分待つか、引き返すか・・45分待って和歌山に抜けたとしても、恐ろしいほどの時間がかかるし・・

大人しく来た道を引き返します。快適ロードなので苦痛は無かったですhappy01 Dsc09274 帰り道に写真を撮りました。「雷の滝」     Dsc09277 池原ダム ダムのすぐ下に学校があるよ  ちょっと怖い気がするな~ 

予定コースを途中で引き返しましたが、それでも満足sign01 自分では納得のいくツーリングが出来ました。

出発は午前9時  帰宅は午後8時  走行距離は400kmでした。

|

2010年8月13日 (金)

百井峠って・・・

最近、通勤以外にバイクに乗ってない。 今日は、夜勤明けで帰宅後仮眠をとって目覚めたら、う~ん・・バイクに乗りたいな~ってことで、午後3時を過ぎてからゴソゴソと支度を・・

行くあてはないんです。Ninちゃんと、ちょっとぶら~っとDsc09241 京都から367号線を大原三千院を超え、左折して小出石バイパスへ。

やって来たのはここ! まだ走った事のない百井峠です。険しいという噂・・ 道、きれいじゃん・・とりあえず行ってみる

2車線の快適クネクネ 空気はひんやり じめじめ蒸し暑い街中とは大違いDsc09237 ねっ  良い感じでしょ

でも、心地よいのはここまでデシタ  この先はDsc09238 路面は荒れてるし、ヘアピンカーブあるし、狭いし・・・お盆だからか?やけに対向車多いんですけど・・  とりあえず前へDsc09239 あかんわsweat01花背峠よりキツイ。

最近Ninちゃんのローダウンを解除したところやし・・かなりの上り坂で路面が悪くて狭くて対向車が多い・・・たちごけが頭をよぎりますthink 

ここから先の道が気になりつつも・・毎度ながら、へたれです・・引き返しました。こんどスクーターで下調べをしてから行ってみようっと。

本日のお散歩は50kmでした。

|

2010年8月 3日 (火)

九州ツーリング 4泊5日

7月29日~8月2日 4泊5日で九州へツーリングに行ってきましたhappy01 2泊はフェリーですが・・ 29日は出かけるときから雨・・ デイトナ君にとっては、初めての雨ツーリングです。1  1泊目はこのフェリーです↑ 船の旅はいいですね~ と、言いつつ、ゆきママはちょっと船酔いしてしまいましたが・・ 無事に着きました 志布志港。

ツーリング 2日目・・この日のメインは宮崎の都井岬2 初のツーショットです。ZZR君とデイトナ君3 都井岬の野生のお馬さんたち、残念ながら、この日はお馬さんたちは道路に出てきていませんでした。4 都井岬を後にして日南海岸を北上。予定では日南海岸を走り、油津から飫肥街道を走って都城を目指しましたが・・・アクシデント発生5 うっそ~sweat01 恋ヶ浦を通り過ぎ、山道に差し掛かったところで、異常気象の為に通行止め。 

どうしようもないので引き返し、急遽 別ルートで都城を目指します。飫肥街道は路面もきれいで快適heart02  6 道の駅「酒谷」で休憩をとっていると、激しい雨が・・・ ほど良いワインディングを楽しめるはずだったのに・・down  

ほぼ土砂降りの中を出発。この道の駅から坂元の棚田風景が見られるのに、時間が無く断念

霧島高原到着。Dsc09110   Dsc09106 霧島温泉の湯煙が凄いです。

えびの高原到着。  8_2  

Dsc09117 Dsc09113 ここに到着したのが16時ごろ。これって、やばいんでないかい? これから天草に渡るために、蔵の元からフェリーに乗る予定なんですが・・ 急がねば渡れない・・

えびのからR447を走って、走って・・ なかなか終わらないR447。くねくね長すぎるんですけどsweat01

9_3 18時のフェリーに乗れれば、まずまず・・なんて思っていたけどR447が手強かった。飛ばしに飛ばし、15分前に最終便の19時20分になんとか間に合いました。(お粗末)11_2 蔵の元の風景は最高にきれいでした。時間に追われていて、写真を撮る事もできず残念。

Dsc09128 Dsc09138 最終便のフェリーに乗って天草のホテルに到着したのが21時weep  それでもホテルの方はご飯の用意をしてくれましたし、駐輪場は屋根付きの場所に止めさせていただきました。ありがとうございました。 感謝、感謝。

ツーリング3日目

12_3 ホテルを8時に出発。 まずは天草四郎さん縁の城、富岡城(詳しくは調べてない) 城好きのかずも暑さのあまり城までは行かず遠くから写真撮影。Dsc09148 Dsc09153 Dsc09160 サンセットラインを汗を拭き拭き・・天草五橋。 ここにたどり着くのにまたまたアクシデント。 おっちょこちょいのゆきママは道を間違えてしまい、ロザリオラインを2度走ることに・・富岡城から2倍の時間をかけてたどり着きました。Dsc09161 松橋から植木まで高速移動して、のり助さんとメロンドームで合流。やっと会えました~ 長いこと待たせてしまってすみません。Dsc09162 お友達のナチュラルさんもご一緒でしたnote お2人に阿蘇を案内してもらいます。Dsc09169_3 ホテルの出発も遅くなった上にルート間違いもあり、予定していた岡城・高千穂は時間的に無理と判断。お二人と阿蘇を楽しむことに・・

16 まず案内していただいたのは・・・「ラピュタの道」もの凄い展望ですup おぉ!!とか、きゃ~!!とか、感嘆の声しか出ません。スバラシイsign0318 写真中央に見えるのが・・猫が修行に出かける?猫岳20 こんなすばらしい景色を見るためにはそれなりの道を通らねば・・coldsweats01  ひび割れおせんべいのようなクネクネ道です19_3 21 ナチュラルさんに、この日お泊りの予定のライダーズハウス「もしもしピエロ」まで案内していただきました。お蔭様で道に迷うことなく、早めの到着が出来ました。

ここに到着してから、またまた雨が・・ナチュラルさんぬれなかったかな~?

のり助さん、ナチュラルさん どうもありがとうございましたhappy01 22_2 ライダーズハウスでは夕食の予約をしていなかったので、近くのお店まで傘をさして、てくてく歩きました。

空気はひんやりしていていい気持ちでした。熊本名物の「だご汁」「高菜ごはん」 うまうまでしたdelicious

ツーリング4日目Dsc09187_2 雨の残る早朝(7時30分)もしもしピエロの近くで、チビッコさん ヨッシーさん Take3さんと待ち合わせ、合流。はじめまして~こんにちは~up

なんか見覚えのあるバイクが2台。ぴか吾郎さんとZIOさんが~阿蘇にいる。  すこ~しだけ、そんな予感もしてましたがcoldsweats01驚かせてくれますね~

と、いうことで合計7台で母なる大地へ出発dash 先導はヨッシーさん お世話になります。24 阿蘇山の火口は・・見たことも無いほど・・真っ白でしたcrying 

360度広がる真っ白~ 5m先の視界が怪しい状態です。バイクで走行していると、突然車のヘッドライトが現れます。 こわっ・・26 上の写真の現在地はココ! 自然はすごいな~ 霧で見えなかった火口見学から駐車場に戻ると、青忍さん、さみぽんさん、あきゆきさんがお待ちでした。 初めまして、こんにちは~happy01 合計10人に。

25 関西の男三人衆のバイクです。どうも、この中に嵐を呼ぶ男がいるようです(笑)27_2 火口をず~っと来た道を下って、今日は外輪山の下から「ラピュタの道」を見上げます。 そしてどんどんラピュタの道を上がっていき、「大観峰」へGO!happy01

途中、受難続きのゆきママ・・またまた、こけちゃいましたcrying 今度は下り坂でのユーターン ハンドルを切りすぎたのか、一瞬の出来事でした。左のステップに脛を引っ掛けてしまい、受傷 5cmほど切れちゃいました。

せっかくの楽しいツーリングを・・皆さんごめんなさい。 そして病院へcoldsweats01

阿蘇中央病院まで案内してくれた「あきゆきさん」 お世話になりました。28 治療していただきましたケガは大したことなく、ツーリング続行~29 治療を終えて、みんなの待つ大観峰へdash ゆきママはかずのバイクの後ろで、写真なんか撮ったりして、いたってお気楽なんですけど・・

皆さんご心配をお掛けしましたm(_ _)m 前を走るのはジモティのあきゆきさん。地元の方が居られるとほんと心強い。有難う御座いました。Dsc09201  そして、何事も無かったかのように集合写真に参加するゆきママcoldsweats01 

写真の中央はTシャツ売上NO.1の表彰状の付いたTシャツを着るチビッコさん。ヽ(´▽`)/

そしてチビッコさんを取り囲む緑のTシャツ軍団

向かって右から、あきゆきさん さみぽんさん 青忍さん ゆきママ Take3さん ヨッシーさん 緑Tシャツ軍団の後ろ2人が・・おそろしや~不眠不休のぴか吾郎さん、ZIOさんデス 写真を撮ってくれたのが、かずです。

緑のTシャツは、チビッコさんのデザインTシャツなのだ~ 手に入らないと思っていたら、な・な・なんと!!

さみぽんさんが、かずとゆきママにプレゼントしてくださったのですhappy01 ありがとう~ おおきに~Dsc09208  こけたあと、走行してる最中ずっとブレーキランプがつきっぱなしになっていたらしく、ヨッシーさんが急遽、メンテナンスをしてくださいました。

本当に九州の皆様にはお世話になりっぱなしで・・人の暖かさって言うか・・ありがたさって言うか・・心にしみました。 ありがと~32_3 さみぽんさんとは途中でお別れ 阿蘇から大分まで(由布院の手前)一緒に走りました。またいつかお会いしましょう~note 

そして翌日仕事のぴか吾郎さんもここでお別れ 関西までの道程は気が遠くなるほど長い・・気をつけて帰ってね~33_2 ぴか吾郎さん、さみぽんさんとお別れした後、由布院を抜けて別府までご一緒していただきました。写真に写っている山が由布岳。

由布院の暑さといったら・・京都と変わらないぐらい暑い・・盆地の蒸し暑さは半端じゃないですね。 足がやけどしそうでしたよ・・デイトナ君coldsweats01 

最終休憩場所の別府でみなさんとお別れ。そしてZIOさんと かずと ゆきママは大分港からフェリーで帰路に。

チビッコさん ヨッシーさん 青忍さん あきゆきさん Take3さん 別府までお見送りありがとうございました。

九州地区の皆さんのおかげで、本当に楽しいツーリングにしていただいて、一言ではお礼が言い尽くせないです。朝早くから本当に有難う御座いました。

機会がありましたら是非関西の方にも遊びに来てくださいね~(o^-^o)34_2 帰路にZIOさんと かずと ゆきママが乗って帰った船はこれ↑ 新しくてメッチャきれいなサンフラワーでした。クーラーの付いた個室に入り快適~smokingwinespa happy01

Dsc09216_2

全走行距離 約1000kmでした。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »