« 赤目四十八滝ツーリング | トップページ | 黒丸二世お披露目ツーリング! »

2010年5月19日 (水)

BEETマルチハンドルキット装着 ZZR1400

BEETのマルチハンドルキットを装着しました。

Dsc08965_3 SS程ではありませんがZZR1400はツアラーのわりに前傾がキツイ。ネイキッドからの乗り換えでは同じ様な感想の方は多いと思います。

平坦な一般道路はまだ良いのですが、特にアップダウンの激しい峠での急カーブの連続は心身共に疲れます。( ̄◆ ̄;)

乗り始めて1年半。これまではKファクトリーのハンドルスペーサー(ノーマル比15mm高)を使用してきました。 

一度は慣れたと思っていたのですが、最近はロングツーリングに出ると疲れてニーグリップが出来なくなり、肩と背中が強く痛み出す様に成ってきましたので、ポジションを改善してみました。Kawasaki_zzr1400 ↑ノーマルDsc08972_2 ↑マルチハンドル装着後。

BEETの説明によるとノーマル比25mmバック、バーエンドで45mm高だそうです。 

バーの距離はフロントフォークが見えるぐらいにノーマル時よりライダー側に近づいていますが、バーの付け根の高さは、「ノーマルよりは高いけど、あまり多くは変わらないな~」

しかし跨ってみると、「おっ!これは窮屈な感じがなく、ちょっと楽になった感じだ」ハンドルの垂れ角だけでかなり違います。(o^-^o)Dsc08969_3

絞り角の調整も出来るので、目一杯 絞りましたが垂れ角が少ないせいかノーマルより開き気味に感じます。乗って走ってみると、「出来ればもう少し絞りたい。」 しかし絞り角はこれで精一杯です。

ハンドルバーの先端をもっと内に突き出せば、両腕の開きが緩和され楽になるけど、「バーの先が突き出過ぎるとカッコ悪いしな~」 どうしよう?

Dsc08966 乗ってみた感想は。一般道は楽でしたが峠での倒し込みはノーマルの方が運転しやすいかな? 

体が少し起き上がってますので、急加速時には意識的に体制を低く持っていかなければ、ちょっと怖いです。  でも慣れかもね・・・ 

ハンドルの高さは今のかずにはバッチリ。15mmスペーサーの装着時よりポジションも手首も楽になりました。ヽ(´▽`)/

今回の費用は工賃込み、約5万円。(衝撃吸収グリップとウエイトバーエンドは含みません) 

もっとハンドルを上げたい場合はBEETから10mm、20mmと、専用スペーサーも別売にて用意されております。 

ちなみに今まで使っていたスペーサーでも使用可能との事でした。 

しかしながらスペーサーを入れて、もっとアップするにはホースの交換も伴いますので追加予算にご注意を。(o^-^o)

|

« 赤目四十八滝ツーリング | トップページ | 黒丸二世お披露目ツーリング! »

2.日々全般」カテゴリの記事